チャイコフスキーコンクール審査員、オフチニコフ先生のお話

チャイコフスキーコンクール、審査員の先生のお話。お二人目もロシア人ピアニスト、現在モスクワ音楽院教授を務めるウラディーミル・オフチニコフ先生です。
モスクワ音楽院でナセドキン(G.ネイガウス、ナウモフの弟子ですね)の元学んだピアニストで、やはり、ロシアンピアニズムを後世に継承する有名な教育者です。

P1010130のコピー
ウラディーミル・オフチニコフ先生
◇◇◇

—ファイナルの結果について、どのようにお感じですか?

とても嬉しく思っています。特にファイナルでは、全く異なるタイプの音楽家、違う楽器、さまざまなスクールの音楽とメンタリティを聴くことができました。本当にきらめくようなファイナル・ラウンドでしたね。審査員としてコンクールに参加していたにもかかわらず、優れたピアニストの音楽とともに時間を過ごしたことで、とても楽しむことができました。彼らの将来がすばらしいものであることを願っています。

—今回、優勝したカントロフさんが評価されたポイントは何だったのでしょうか。

カントロフもそうですが、加えて藤田真央の演奏は、このコンクールの中で特別でした。二人の異なるタイプのすばらしいスターだったと思います。私たちは彼らのソロとコンチェルトを聴くことができてとても幸せでした。聴衆も、打ち上げ花火のようなパワフルな反応をしていましたね。まるで演奏会を聴いているようでした。

—今回は、5つのメーカーのピアノが出されていました。

これもまた、フラワー・ブーケのような存在でした。5台はそれぞれ異なるレベル、音、クオリティを持つ楽器でしたが、こうしてコンクールで聴くことができたのはとてもおもしろい経験だったと思います。楽器によるコンペティションのような一面もありましたね。

—ちなみに、ピアノの選択は結果にとって重要だと思いますか?

それはとても重要だと思います。これはただの音楽イベントではなく、私たちは音の質も聴いて判断をしているのですから、全てのことが重要です。特に音は、音楽にとってとても大切な要素です。
時にはピアノが十分な役割を果たしていないとか、フォルテが十分でない、逆に強すぎたりドライすぎたりすることもありました。もちろん、誰が演奏しているかにもよるものではありますけれどね。

—中国のピアノ「長江」の印象はいかがでしたか?

悪くありませんでした。十分に良かったと思います。ブライトで力強い音がスタインウェイのようだと思うこともありましたが、時々、少し物足りないときもありました。もしかしたらピアニストの弾き方によるところもあるかもしれませんけれど。
いずれにしても、演奏者に魂の内面から音楽的に言いたいことがあるのなら、どんな楽器でもすばらしく演奏することができるとは思いますけれどね。

—例えば、カントロフさんはファイナルでピアノを変えましたが…。

あっ、そうでした? 覚えてないな…。

—2次まではカワイを弾いていましたよね。

ああ、そうだったっけ! それでファイナルはスタインウェイを?

—そうです。…あのぅ、オフチニコフ先生、もしかしてそれってやっぱり、いい音楽を持っているならピアノは何を選んでも重要でないってことですかね(笑)。

そういうことですね(笑)。音楽がなにより重要だということです(笑)。

—ところで、先生が求めていた才能、コンクールで次のステージに進んで欲しいと思ったのはどんなピアニストですか?

私はロマンティックなピアニストが好きですね。例えば時々は、プレトニョフ氏のような、とてもクレバーで深い音楽性を持つピアニストを聴くことも好きです。でも彼の演奏は、感情的で力強い声を持つというタイプではありませんよね。一方で、私は「ノイハウス・スクール(ネイガウス・スクール)」のピアニストですので、もっとオープンで感情が豊かな音楽と演奏の方を好みます。
今回のファイナリストについては、カントロフと藤田真央の将来に大いに期待しています。

◇◇◇

最後のお答え、これぞロシアンピアニズムの流派のプライド!とか思って勝手に興奮してうぉぉぉーとリアクションしたら、オフチニコフ先生、そうかいそうかい、という笑顔で無言で眺めていらっしゃいました(実際には単に若干引いてたのかもしれない)。
でもでも、オフチニコフ先生がすばらしいというカントロフさん、師のレナ・シェレシェフスカヤ先生はプレトニョフさんと同じフリエール&ヴラセンコ門下ではないかとか(ちなみに私がはインタビューをお願いする直前、オフチニコフ先生とシェレシェフスカヤ先生は熱心に話し込んでいた)、さらにいうと、藤田真央さんの先生の野島稔さんはオボーリンの弟子じゃないかとか。その辺りのことって掘ったら大変なことになるのでしょうからここで説明するミッションは華麗に放棄いたしますが、とにかくいろいろ考えるとすごくおもしろいですね。
しかも結局、何系列だからどうとか、ピアノの選択はこうだとか、いろいろいうわりに、いいものはなんだっていいってうっかり(?)言っちゃうオフチニコフ先生サイコーと思いました。

…で、全然関係ないんですけど、わたくし今回、オフチニコフ先生のお姿を初めて近くで拝見したんです。それで驚いたのですが、スラリーンとしていて素敵なんですね。この年代のロシアの先生っぽくないというか(…いえ、もちろんどしんとしたロシアの先生たちもかっこいいし素敵なんですけどね)。そしてもっと難しくて厳しい感じの方なのかと思っていたら、物腰やわらかで優しかった。
そんなわけで、写真を撮る時に、とっても素敵ですよー、ほら、もっと笑ってくださいよほらほら、とかやっていたところ(お話ししているときのにっこり笑顔がどうしても撮りたかった)、先生照れてしまって首を傾げてしまい、せっかくの爽やかスマイルが、ブレてしまった。
P1010132のコピー

チャイコフスキーコンクール審査員、ペトルシャンスキー先生のお話

前述の通り、審査委員長のマツーエフさんは結果発表の翌日に演奏会のためあっという間に旅立ってしまって、私はうっかりつかまえることができませんでしたが、授賞式でピアノ部門のプレゼンターを務めたお二人の審査員の先生に、待ち時間の間にお話を聞くことができました。

お一人目は、ボリス・ペトルシャンスキー先生です。モスクワ音楽院で、ネイガウス、ナウモフのもと学んだピアニストで、現在はイモラ国際ピアノアカデミーなどで教えています。優秀なお弟子さんがたくさんいらっしゃる名教授です。

IMG_5896
ボリス・ペトルシャンスキー先生

◇◇◇

—結果について、どのようにお感じになっていますか?

審査員はそれぞれに趣味が違いますから、自分の考えと完全に合うということは難しいですが、フランスのカントロフさんと、日本の藤田真央さんの結果については私も嬉しかったです。
二人はとても才能があるので、これから大きな発展の可能性がありますね。きっとすばらしい将来が待っているでしょう。そう祈りたいです。コンクールはこうして若者が可能性を広げていくために必要なものです。

—1位1人、2位2人、3位3人という結果になりましたが、これはみんな良いピアニストだったから3位までにいれてあげたいという審査員の先生方の判断の結果なのでしょうか?

本当に、ピラミッドみたいな結果なりました。その理由は、まず一つが、本当に彼らがほぼ同じレベルのピアニストだったこと。もう一つはデニス・マツーエフの決定です。彼の哲学といってもいいかもしれませんが、無理に1位から6位まで順番をつけるより、一緒の順位を与えるほうがピアニストの将来のためにいいという考えを持っていました。こういうスタイルの順位にすることは、マツーエフさんがプッシュしました。
それに、3位の三人はタイプは違うけれどレベルがほぼ同じピアニストでした。今日はこの人のほうが良くても、明日はその逆になっているかもしれない。そう思えるレベルで実力が僅差でした。

—優勝したカントロフさんが評価されたポイントはなんだったのでしょうか?

私が一番気に入ったのは、彼の左手です。作品のハーモニーのプロセスを見事に整理できるピアニストだと思いました。彼はピアノを、まるでシンフォニーの楽譜を演奏しているように聴かせてくれます。例えばチャイコフスキーのピアノ協奏曲第2番でとても良いと感じたのは、彼が弾きながら、オペラか小説など、何か音楽作品とは別の分野の芸術の雰囲気を生み出していたところです。ただのピアニストではなく、もっと違った存在といえるでしょう。彼がやっていることは、毎回普通のピアノの演奏ではなく、なにか文化的な出来事であると思えました。審査員が彼の解釈をどう受け取るかは別の話ですが、彼の解釈は普通ではなく、当たり前のこともおもしろいと感じさせてくれました。
藤田真央さんもとても魅力的だと思いました。例えばモーツァルトの演奏は、私の意見ではテンポに少し違うと思える部分もありましたが、それでも音楽がとても魅力的で、聴衆もそれに反応したのです。

—確かに、あの藤田さんの1次の演奏は、その後の評価にまで影響を与えたのではないかという印象の強さに思えました…。

そうですね。最初の曲目を聴いた時、彼には特別な才能があると感じました。彼の演奏は、聴き手にショックを与えるというより、ハグをしている…音楽を包み込んでいるような演奏だったと思います。

◇◇◇

「聴き手にショックを与えるというより、包み込むような」というのは、今時ありそうでなかなかない演奏だよなぁと、先生に言われて改めて思いました。
一方でカントロフさんの演奏は、どちらかというとちょっとショックを与えるタイプですよね。それが奇をてらっているようなものでなく、いろいろな基本にそった上で、心の中のオリジナリティから湧き出すものであると、説得力があるということになるのでしょう。オペラか小説のようというのは、ファイナルのチャイコフスキーで自分も感じたことだったので、心の中で激しく納得しておりました。

このお二人については、今回のコンクールについて感想を聴いた時、全くタイプの違う二つの才能として多くの人が名前をあげます。ロシアのお客さんにとって、もともとマークしている存在じゃなかったということも大きいのかもしれません。発見の喜びって嬉しいもんね。こういうのは、コンクールという場があってこそであります。

中国のピアノ「長江」の社長さんに話を聞いた

先の記事でも書いたとおり、今回のチャイコフスキーコンクールにおいて私が関心を寄せていることの一つに、中国のピアノ「長江」の存在がありました。

コンクールのピアノ業界では、まずは世界のコンサートホールでシェアNo.1のスタインウェイ、そこに追いつけ追い越せと日本のメーカーが良いピアノを開発し、さらに全く独自の良いピアノを目指して急発展を遂げるイタリアのファツィオリが参入。加えてときどき、ヨーロッパの老舗メーカーの良いピアノが登場するというのが近年の状況でした。
そこに中国のピアノ「長江」が現れたわけです。モスクワへの出発前、一足先に現地でのセレクションで長江を聴いた日本のピアノメーカー関係者の方々から、思ったよりずっといい楽器だと聞いて、これってもしかして、これからピアノブランドの勢力分布図が少しずつ変わっていくということ?と思わずにいられませんでした。

さて、この長江というグランドピアノ、日本で得られる情報はあまり多くないかと思いますので、まずはメーカーの方に聞いた基本的な情報を。
ブランド名は、「長江(チャンジアン)」。外国では覚えにくいだろうということで、長江の別名、揚子江を欧文にした、「Yangtze River(ヤンツーリバー)」というのを一般的な呼び方としているようです。
製造しているのは、Parsons Musicという会社。もとは音楽教室のビジネスからスタートし、やがて生徒たちにピアノを販売するディーラーとしての事業を展開する中、OEMで既存ブランドのピアノ製造を開始。そんな中で20年ほど前に、自社ブランドのピアノの製造もはじめたそうです。
長江というブランドのグランドピアノは、誕生して10年ほどだといいます。値段は日本円で1000〜1200万円だとメーカーの方は話していました。既存のトップメーカーのフルコンと比べるとだいぶ安いですね…。

今回のチャイコフスキーコンクールの調律を担当したのは、中国人調律師さん。それも、男女の中国人カップルの二人が、それぞれ得意な能力を出し合って(整調が得意な人と、整音が得意な人がいるらしい)1台のピアノの準備をしているそうです。
コンクールのピアノを女性調律師さんが担当しているのもそういえば珍しいですが、カップルの共同作業というのは初めてのケースではないでしょうか。

今回、チャイコフスキーコンクールでは、25名の参加者のうち、中国の2人のピアニストが長江を選び、最終的にはそのうちの一人、アンさんがファイナルに進みました。
つまり長江は、初参加でファイナル進出という快挙。そのうえ、アンさんにあのようなハプニング(ファイナルの記事をご参照ください)があったことで、ある意味注目されることになりました。

そもそも、長江がコンクールの舞台にのることになった経緯ですが、審査委員のマツーエフさんが中国のフェスティバルで長江を弾き、とても気に入って、チャイコフスキーコンクールに出せば良いのにと誘ったことがきっかけなんですって!
なんとなく、長江サイドが出したいと売り込みまくったんじゃないかって思ってませんでしたか? 私は思ってました。だから、なんかすみませんって思いました。
正直にパーソンズの人に、売り込んだのだと思ってたと言ったら、全然違うよーといって、マツーエフさんによる長江についての絶賛コメントや、6/14にクレムリンで行われたコンサートの記事(中国語)を送ってくれました。

IMG_5746
(長江が企画した中国メディア向けの取材に答えるマツーエフさん)

というわけでこのたび、Parsons Musicの社長さんにインタビューする機会をいただきました。通訳は、昔大阪に留学していたという日本語ペラペラの奥様(あわせて会社の成り立ちなども教えてくださいました)。
奥さまのお話によると、社長はもともとフィリピン華僑だった家庭の生まれ。70年代、中国政府の政策で一家がフィリピンに戻れることになったとき、本来ならフィリピンに行くところを香港に移って定住したことが、香港をベースにビジネスを始めることになったきっかけだそうです。

社長さんと奥様にいろいろ率直に聞いてみましたので、どうぞご覧ください。

IMG_5750

◇◇◇

—Parsons Musicはもともと楽器販売の会社だったそうですね。どのように楽器製造のほうが始まったのでしょうか。

奥様 若い頃ピアノを習っていた彼(社長)は、当時すでに香港で広がっていたヤマハ音楽教室で教えることからピアノ教師のキャリアをスタートしました。30平米のスペースから始め、10年ぐらいたつと教室の数が10店舗ほどになって、それから中国の内陸のほうで既存メーカーの代理店としてピアノ販売のネットワークを広げていきました。
やがて、販売だけでなく製造も手がけるほうがよいだろうと深圳近郊の工場でOEMによるピアノ製造をはじめました。そして1999年、三峡ダムの近くにあった国営のピアノ工場がつぶれかけていることを聞き、買い取ってピアノ製造を始めました。働いているのは、元々の工場の従業員と新規に雇った地元の人々です。
そして、ここに流れている川が長江だったことが、ピアノのブランド名の由来です。現在は、年間でアップライトとグランドあわせて7万台くらい製造しています。
私たちのメーカーが特別なのは、社長である彼がもともとピアノやエレクトーンを教え、調律も習ったことがある経験を生かして、自ら開発に関わっているということです。

—モデルにしているピアノ、目指しているピアノはあるのでしょうか?

奥様 やはりスタインウェイですね。とくに昔のスタインウェイはすごく良い楽器でした。今は若い人が技術的な仕事をしたがらなくなって、状況が変化しているのではないかと思いますけれど。日本も、若者は製造業にあまり関心を持たないのではありませんか?
でも、中国はそうではありません。だからこそ、私たちは今この時期にうまく参入できたのではないかと思います。

—技術開発はどのように行ってきたのですか?

奥様 日本人、韓国人、ドイツ人など40人ほどの外国人の技術者から助けてもらいながら開発を進めました。みなさん、中国で自分の能力が役に立つのならと協力してくださいました。特にフルコンサートグランドは、時間をかけて開発に取り組んできました。スタインウェイや他社のピアノの特徴、いいところ、足りないところを把握したうえで、演奏家とコミュニケーションをとってどんなものが求められているかを考えています。
日本ではデータに基づいて開発をしているところがあると思いますが、それにはいいところもそうでないところもありますね。ビジネスは効率を求めないといけませんから、量産のピアノはそれで決めなくてはならない部分があるかもしれませんが、フルコンの場合は奥が深いので、演奏家ならではの聴き方、音楽表現のために求めることを考えて開発する必要があると思います。

—それではここからは社長さんにお話を伺います。長江では、どんなピアノを目指しているのでしょうか。

まずは、演奏者の心の中にある音楽性を引き出せるピアノを作りたいと思っています。

—長江というピアノの魅力、特徴を教えてください。

最初触ったときに、少し入りにくいと感じる部分があるかもしれません。でも、弾けば弾くほど魅力を感じるピアノだと思います。

—10年でここまでのピアノにできた秘訣は何でしょうか。

私は子供の頃から音楽を勉強し、しばらくピアノ教師をやっていたので、作品、演奏者の気持ちがわかります。コミュニケーションをとり、自分だけでなく演奏者の気持ちを聞きながらピアノを作ることが大切だと思っています。
ピアノは、指が鍵盤に触れ、それで生まれる振動が響板に伝わって、響板からその音がまた体に戻ってくる楽器です。そんな、ピアノと演奏者の一体感、スムーズなサイクルを実現させることは、簡単ではありません。ピアノは構造もとても複雑ですし、材料である木やフェルトは生きているものです。特にフルコンサートグランドのための良い材料を集めることは、簡単ではありません。これらのバランスをとり、一体感を実現させることが、良いピアノをつくる秘訣だと思います。ただ、その音色は言葉で表現しにくいですね。心の中にあるものだと思います。

—先ほど、数あるピアノの中で目指しているのはスタインウェイだというお聞きしましたが、スタインウェイという存在に対して、長江はどういう位置付けを目指して開発しているのでしょうか。近づけようとしているのか、越えようとしているのか、それとも別のキャラクターを持たせようとしているのか…。

スタインウェイは、性別、年齢を問わず色々な人が弾けるいいピアノです。ただ、もしスタインウェイと同じピアノを作っても、私たちは必要とされません。私たちは、スタインウェイよりも音色がもっと豊かでパワフルなピアノを目指しています。演奏者が、弾けば弾くほど弾きたくなるピアノにしたい。聴き手も、聴けば聴くほど聴きたくなるピアノにしたい。いつまでも飽きない、もっともっとと感じるピアノにしたいのです。

—なるほど…社長はご自身がピアノの先生だったから、弾き手として理想のピアノを求めて作り始めたということなんでしょうかね。

はい。いろいろなブランドの代理店として仕事をしてきましたが、自分が100パーセント満足できるピアノはなかなかありません。だから自分の全ての思いを込めたピアノを作りたいと思うようになりました。
ピアノを習っている子供には、ピアノの品質が悪いことによって、1日何時間かけて練習しても本当の音楽を身につけられないことも多くあります。そういう問題を解決したいという想いがありました。まずは技術、続いて音楽性を育てて行くと思いますが、良いピアノによって、心の中の音楽を出せるようになるまでの時間を短縮させてあげたいのです。そうすれば、ピアノを練習することが嫌でなくなる子供が増えると思います。

—ところで、ゲルギエフさんとマツーエフさんからチャイコフスキーコンクールにピアノを出してみたらいいと言われたことで、参加を決めたと聞きました。実際参加してみて、手応えはどうでしたか?

ハイレベルなコンテスタントが違うブランドのピアノで同じ曲を弾くと、音の聴き比べができて勉強になりました。そういう違いによって、各ブランドのいいところ、足りないところもわかりました。これから自分たちのピアノをどのように開発したらよいか、次にどういうことを注意したらいいかを考えるうえで、とても良い勉強になりましたね。

—コンクールで結果を出すことについてはどうお考えですか?

私たちとしては、初めて中国のブランドがこのようなコンクールに楽器を出せたというだけでとても満足しています。結果的に何位に入るかどうか、そこまでは期待していませんし、重要ではないと思っています。世界のステージで中国のピアノの音を聞けたことに満足しています。

—コンクールの場合は、わざわざ持ってきても誰も選ばなければ弾いてもらえませんよね。

そのリスクはありましたので、誰も選ばなかったらどうしようかと最初はすごく心配していました。みなさんには、普段練習して慣れているブランドがあるでしょうから、ここでいいなと感じただけで長江を選ぶことは難しいと思います。そんな中、たまたま中国のコンテスタントが、自分の雰囲気にあった音色だと感じて選んでくれたのです。嬉しいことでした。

—それで…これからコンクールでの優勝も狙っていくのでしょうか?
チャンスはあると思いますが、でも一番大きな問題はコンテスタントとピアノの一体感なので。それに、いい音だからトップになれるとも限りませんし。

—日本の場合は、ヤマハとカワイというメーカーがコンクールでもトップを目指して競争をしてきて、それによってピアノの質が向上してきたところがあります。私たちとしてはそこに中国のメーカーも入ってきた感じかなと思っていましたが、もしかしてちょっと違うんでしょうか…。

そうですね。成り行きやご縁もあることなので。いいピアノを作れば認められると思っています。

—そうでしたか。もっとギラギラしている感じなのだとばっかり…すみません。ちなみに日本のメーカーのことはどう考えていますか?

日本のピアノは、とてもバランスが良く、音がクリーンです。私たちが求めているピアノとまたちょっと違う方向だと思います。

—日本のマーケットには関心はありますか?

OEMでカワイのピアノをつくっていますので…日本の市場にという考えはありませんね。私はカワイのピアノの音色がとても好きです。

—日本のメーカーもがんばっていて、ファツィオリもあり、王者スタインウェイもその座を譲ろうとしないというこの状況に実際に参加されてみて、コンクールで成功する秘訣、そのために大事にしたいことはなんだと感じましたか?

コンテスタント、そして審査員も含むアーティストたちが、私たちのピアノを使って理解してくれることが大事だと思いました。加えて、私たちは新人ですが、他のメーカーのみなさんはコンクールを長年経験して、審査員やコンテスタントの顔をよく知っているように見えたので、そこも私たちが今後取り組んでいかなくてはならない重要なことだと感じました。
これは長く積み重ねられてできあがった一つの文化ですから、例えピアノ自体がよくなっても、突然入ってきてトップになることはできないと思っています。何十年もかけて耳が既存のメーカーの音色に慣れているなかでは、私たちのピアノを認めてくれない人もいるでしょう。ですが、私はアーティストたちが私たちのピアノを使ってくれたら、きっと心に響くものがあるという自信を持って、ピアノ作りに臨んでいます。

◇◇◇

せっかくピアノを出しても、コンテスタントから選ばれなければその音が聴衆の耳に届くこともありません。そんな中、今回の長江の成功の背景には、いろいろな準備や根回しのようなものもあったと思います。新しく参入する長江の関係者は、見よう見まねでいろいろなことに挑戦し、がんばっていたのだろうなという感じがしました。
例えばコンクール期間中、インターミッションの時間には、たびたび長江の企画で審査員にインタビューが行われていましたし、また、ファイナルの前に審査員が出演する演奏会も小ホールで企画されていました。他のメーカーは、いろいろ言われるとアレだし、という感じで、最近はこういう企画は控えている傾向にありますね。ちなみに実際には、長江を弾くアンさんのファイナル進出が決まったことで、審査員による演奏会は急遽延期されることになったようです(変なコネクションをつくっていると思われるといけないといわれてなしになった、私たちはこういうことが初めてだからいろいろわからなくて大変…と担当者さんが話していました)。

また、実際にセレクションでピアノを触ったピアニストたちに話を聞くと、「長江には数秒しか触らなかった」という人もいれば、「スタインウェイとカワイで迷った。ファツィオリもよかった。さらに、長江が結構良くてびっくりした。スタインウェイみたいだった」という人もいました。
大舞台で知らないブランドを選ぶのは本当に勇気がいることですけれど、そう考えると、メーカー名の先入観が影響しないようブラインドでセレクションが行われたら、長江は意外と選ばれたかもしれませんね…もちろん耐久性など、一瞬弾いただけでは判断できないこともあるとは思いますが。そして個人的には、長江の社長のお話が、ファツィオリのパオロ社長とかぶることも多くてびっくりしました。
そのなかで印象に残ったのが、ピアノを習う子供の音楽的な発展を手伝うピアノ、という発想ですね。元ピアノの先生ならではで、なんだかいいなと思いました。

長江、独自の理想のピアノを求め、特徴は持ちながらも、もしかしたら今はまだ、スタインウェイに近いピアノの実現に成功している段階なのかもしれません(スタインウェイの調律師さんのインタビューも印象的でした)。それだけでもすごいことですけどね…。
長江ピアノはショパンコンクールにも挑戦したい…ということでしたので、どうなるでしょうか。そしてこの先もどんどん開発を進めていくのでしょう。どんなピアノが出てくるのか。楽しみですね。

チャイコフスキーコンクールピアノ部門、最終結果

チャイコフスキーコンクールの全日程が終了しました。

ピアノ部門の最終結果は下記の通りです。

1位 Alexandre Kantorow FRANCE
2位 Mao Fujita PAN
2位 Dmitriy Shishkin RUSSIA
3位 Konstantin Yemelyanov RUSSIA
3位 Alexey Melnikov RUSSIA
3位 Kenneth Broberg USA
4位 Tianxu An CHINA

優勝は、フランスのアレクサンドル・カントロフさん。
そして日本の藤田真央さん、ロシアのドミトリー・シシキンさんの2名が第2位に入賞しました。そして第3位が3名。

IMG_5883 2

最終結果発表のアナウンス、まず5、6位はなしというアナウンスがあって、今回も前回のような順位が団子状態の結果になるのだろうなという予感とともに始まりました。しかも今回ははじめから1人多いわけで。
3位が3人続いた時は、このまま何人も3位だったりしてという妙な妄想が頭をよぎりましたよね。結果、ピラミッドスタイルの人数配分になりました。

前回の第15回コンクールの団子状態の結果は、実際に聴きに来ていなかったこともあって、“誰々は何位までに入れたい“という人々の想いがうずまいた結果なんじゃないかなどと勘ぐってしまいましたが、今回はこれだけのいい演奏をたくさん聴いて、みんな3位以内に収めたくなる気持ちがわかる…。
その後、少し審査員の先生方に話をきいたことによると、このタイプの「いいピアニストにはみんないい順位の称号を与えてあげたい系」順位づけは、マツーエフさんの意向らしいです。
ちなみに当のマツーエフさんにもお話を聞きたいところでしたが、結果発表の翌日には、すでにご自分のコンサートの本番のためにモスクワを発っていたという。すごいハードスケジュール。
マツーエフさん、前にインタビューしたとき、「どんなにハードスケジュールでも、私はステージに立てば癒される。これを、ステージセラピーと呼んでいるのだ(ドヤ顔)」と言っていましたが、そういうのってスーパースターになるための素質の一つなのかもしれませんね。

というわけで少し時間が経ってしまいましたが、ファイナルの様子を簡単に振り返ってみたいと思います。

ファイナルでは、チャイコフスキーのピアノ協奏曲と任意のピアノ協奏曲、2曲を、ヴァシリー・ペトレンコ指揮、ロシア国立交響楽団と演奏します。
こういう場合、2曲を別の日に演奏するコンクールが多いですが、2曲いっぺんに続けて演奏するというのがチャイコフスキーコンクールのしきたり。それも今回は、カーテンコールもアナウンスで早々に打ち切られてさっさと2曲目にうつるという、ひと息つく暇もない勢いで2曲演奏させられていました。プロになっても、特殊なケース(何人か思い浮かびますよね、いっぺんに何曲もコンチェルトを弾く企画をしているスタミナたっぷりのピアニストたち)を除いてはなかなか経験しないこと。それもつい先日までリサイタルのレパートリーを弾いていた数日後に本番ですから、これを経験しておけばあとは怖いものなしという感じです。

129_big_1561556544_8320_resize
一人目の奏者となったのはロシアのエミリャーノフさん。ピアノはヤマハです。
プロコフィエフの3番。完璧でうまい。オーケストラの音と親和性の高い音を鳴らしながら、一つの塊となっって突き進んでいく感じ。仙台コンクールのとき、講評で野島稔審査委員長が、コンチェルトでは、ピアノはオーケストラと同じエネルギーの音を鳴らさなくてはいけない…と話していたことを思い出しました。パワーのある音の持ち主なのです。なにか驚きのある表現をするというタイプではないかもしれませんが、確かな実力を感じました。

129_big_1561556548_5197_resize
二人目の奏者は、ロシアのシシキンさん。ピアノはスタインウェイです。
チャイコフスキーの1番では、いろいろなタッチで、シリアスに、丁寧に表情をつけて、じっくりと聴かせてくれます。2楽章を聞いている時、夏の森の木漏れ陽の景色が思い浮かびましたが、もしかしたら2日前にトレチャコフ美術館で、画家のシシキンの絵をたくさん見たからかも(発想が安直)。
イヴァン・シシキンは、森の絵をたくさん描いたことで知られる19世紀ロシアの画家ですね。この、シシキンが描いた森に、別の人がクマを書き加えちゃった絵はとても有名です。ロシアのチョコレートのパッケージにもなっていると記憶。
IMG_5775

話がそれましたが、シシキンさんの2曲目は、エミリャーノフさんと同じプロコフィエフの3番を選んでいましたが、力強く走り抜けていくスタイリッシュな動物のような演奏で、すごくシシキンさんにあっていた感じ。

そして、初日最後の3人目に登場した中国のアンさんの演奏のときに事件は起こりました。
129_big_1561556552_520_resize
ラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲の冒頭、アンさんがあの最初の和音を弾き遅れたのです。
最初、まさか緊張しすぎてぼーっとしてしまったのかと思いましたが、そうではありませんでした。なんとオーケストラ側のスタッフの手違いで、指揮者とオーケストラがアンさんが希望していた演奏順とは逆の演奏順を予定していたという。コンクール公式のアナウンスは、こちらに記載されています。

しかも不幸なことに、間違いのパターンが、「チャイコフスキーの1番を想定していたら、ラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲が始まった」という。考えられます?チャイコフスキーのあの壮大なオーケストラの前奏を想定してピアノの前に座っていたら、いきなりパガニーニの短い序奏が始まって、一発目のあの印象的な音を鳴らさなきゃいけない焦りが。せめてショパンの協奏曲と間違えられたのなら、気持ちを切り替える暇もあるでしょうけど。
アンさん、それでも少し遅れてあの最初の和音をつかみましたが、ものすごい瞬発力ですね。何人かのピアニストに、あんなこと起きたら反応できる?と聞いたら、「アドレナリン出てるから意外といけるかもしれないけど、その後オーケストラパートが長いから、自分なら指揮者に言うかも」「考えたくもない」など、いろいろな反応がありました。
その後演奏中、マツーエフさんが隣のペトルシャンスキーさんに何かしきりに話しかけていましたが、終演後事情が判明すると、もう一度弾き直しをしてもいいとアンさんに提案があったそうです。しかしアンさんは断ったとのこと。これについては「自分も弾き直しはいいっていうだろうなー」というピアニストが多い感じ。
アンさんは動揺を乗り越えて、最後まで弾ききりました。生真面目そうな性格がそのまま反映されたような、かっちりとした音楽。ピアノは中国の長江を選んでいました。オーケストラと合わせても負けないボリューム、輝かしさがありますが、叩かれてしまうと少しきつい音が鳴る印象です。でもまあ、それはどこのピアノでも同じかもしれない。
ちなみに、後で遭遇したアンさんに声をかけたら、「いえ、あれは誰かのせいではありません、自分がステージに出る前に指揮者に曲を確認しなかったので、僕のミスです」というではありませんか。こんな状況でも、怒らず、誰のことも責めずにいるアンさん、本当に何かいいことが起こってほしいなと思いましたね。

しかもこのニコニコ顔。
でももしかしたら、誰かのミスだと思うより、自分のせいだと思ったほうが、気持ちがおさまるし、怒りで時間を無駄にすることもない、ということもあるのかもしれない…。

133_big_1561626879_3297_resize
4人目の奏者はメリニコフさん。ピアノはスタインウェイです。選曲はチャイコフスキーの1番と、ラフマニノフの3番。甘いフレーズもクールな表情で弾き、情熱的なフレーズは雪崩が押し寄せるように。さすがに緊張しているのかなと思う場面もありましたが、細かい音もちゃんと聴かせてくれるし、重い音ももちろんしっかり鳴っているし、ロシア風な哀愁のある景色も見せてくれるしで、正統派のロシア音楽を聴かせてもらったという感じ。

133_big_1561626882_1650_resize
5人目は、カントロフさん。ファイナルからピアノはスタインウェイにスイッチしました。
カントロフさんはチャイコフスキーの協奏曲に、王道の1番ではなく2番を選びました。しかしこれが彼の濃密な音楽性によくあっていた。民族色漂うこってりとしたフレーズを大胆な表情付けで歌わせる。フレーズごとに音量やタッチを巧みに変え、またオーケストラの楽器とアンサンブルになるときもしっかり音を変えて、とにかくうまい。マツーエフさんも大拍手を送っていました。
もう1曲の選曲も、チャイコフスキーコンクールにしてはめずらしめの、ブラームスの2番です。こういう思い切りの良い音を鳴らす人の弾くブラームスは本当におもしろいですね。溜め込んだ情熱をほとばしらせる瞬間がそれは見事に再現されて。パワー、エレガンス、狂気の全てを持ち合わせた演奏という感じでした。楽しかった。

136_big_1561711454_9385_resize
そして最終日、6人目に登場したのは藤田真央さん。ピアノはスタインウェイです。
いつものようににこやかに登場。
チャイコフスキーの協奏曲が始まると、どっしりした音で堂々とした音を鳴らしていきます。注意深く全てに気持ちを込めた音と、ひとフレーズずつ、いかにも天然な感じでニュアンスを変えていく表現が藤田さんの演奏の魅力かもしれません。それにオーケストラがどんどん引き寄せられていく感じ。藤田さんもオーケストラとの掛け合いを楽しんでいたのでしょう、リハーサルの時点で、やっぱりロシアのオーケストラらしい迫ってくるような音がする、アンサンブルになるところでオーケストラ奏者を見ると、ちゃんと見つめかえしてくれるんだと話していたのが印象的でした。
それで、いつもの藤田さんなら弾き終わった後ニコニコしていますが、なんだかちょっと様子が違ってかたい表情。どうも自分で少し満足のいかない感じだったようですが、すでに藤田さんの虜になっているモスクワの聴衆は拍手喝采でした。

136_big_1561711458_2330_resize
そして最後の奏者となったのは、ブロバーグさん。ピアノはスタインウェイ。
アンさんと同じパガニーニの主題による狂詩曲からスタートということで、最初に指揮者が曲を確認するような動きをしたため、会場がすこしざわめきます。
この曲は、ブロバーグさんにとっては銀メダルを取ったヴァン・クライバーンでも弾いた勝負曲ですね。彼特有の硬質で華やかな音が曲によく合っていたと思います。選曲大事。

結果は、演奏が終わった時間が押したことを考えると、予定よりむしろスムーズに出されたように思います。
前回のコンクールでは結果発表後にいろいろな噂が飛び交っていたように記憶していますが(現地にいなくても聞こえてくるレベルで)今回はまあ、あまり文句のつけようもない結果におさまったのかもしれません。マツーエフさんの、せっかくの優れた才能には3位入賞までの称号を与えたいという考え、僅差なら順番をつける意味などないのではないかという考えも、これだけ優れた演奏をたくさん聞かせてもらい、楽しませてもらったあとだと、納得できてしまうのでした。

結果発表のあと、夜も遅かったですが、藤田さんを囲んでホテルのレストランで軽く食事をしました。
IMG_5890
レストランの閉店時間をまわってしまいましたが、藤田さんが2位入賞者だと知ったレストランのスタッフが、お祝いにサービスでデザートを持って来てくれるというサプライズ。お皿にがんばってピアノの模様を描いたといっていました。なんかいいですね。

入賞者たちは、この翌日から2日間にわたって、モスクワとサンクトペテルブルクでの入賞者ガラコンサートに出演しました。その様子はジャパン・アーツの記事で簡単にご紹介しています。サンクトペテルブルクのガラコンサートでは、最後に、全部門のグランプリとして、カントロフさんの名前が発表されました。
D-Q1oI5VAAYzWDk

それにしても、入賞者にとっては、このガラコンまわりのスケジュールがとにかく過酷でしたね。
本選の翌日、サンクトペテルブルクで行われた部門の入賞者もモスクワに集合し、授賞式とガラコンが行われたあとは、レセプションが深夜2時すぎまで…(でもここで入賞者たちは、審査員とお話ししたり、入賞者同士で今度共演しようという話をしたりと、交流を深めていました)。
そして翌日はみんな、朝6時台の電車でサンクトペテルブルクへ。このサンクトペテルブルク公演、白夜祭の最中で遅くまで明るいとはいえ、全入賞者が出演する予定という中で21時開演という時点で、おいおい何時までやる気だよと思いましたが、実際には開演が40分遅れ(21時に会場についたらまだステージ上でリハーサルをやっていた…)、終演は午前1時半。

そのあと別の会場に移動し、レセプションという流れでした。もはや「なにこれ罰ゲーム」という声もちらほら聞こえるほど、みんな疲れ切っていましたね。超人マツーエフ氏のような「必殺ステージセラピー」が効かない普通の演奏家たちには、大変だったと思います。
そんな中、最後まで変わらぬキリッとした表情で元気だったのが、ゲルギエフさんでありました。
IMG_5911 2
授賞式のあと、ゲルギエフさん、カントロフさん、藤田さんが長くお話ししていました。

ところでこちら、レセプションで話し込むプレスラーさんと藤田真央さん。IMG_5947 2

今だから言いますけど、1次の藤田さんの、あのコンクールの流れをガラッと変えた演奏の直後、私がバックステージにいたら、車椅子を押されてプレスラーさんが通りかかったんですね。すごく嬉しそうな様子で。それで日本人の私を見ると、なんとおもむろに手をとってキッスしてくださいまして!そして、よかったねぇ…とおっしゃったんです。
…果たして私が藤田さんの何だと思われていたのかは謎ですが(何かしら、日本チームの一味だと思われたのでしょうね…まさかお母さんだと思われたのかな…)、とにかく、自分も藤田さんの1次の演奏の特別なエネルギーを肌で感じた直後だったので、ああ、お客さんはもちろん、審査員の先生たちもみんな同じ気持ちで聴いていて、それが心の中に抑えきれないほどになっていたんだなと思えて、とても幸福な瞬間でした。

さて、このようなわけで、チャイコフスキーコンクールは全日程が終了しました。
日本のみなさんは、10月のガラ・コンサートで上位入賞者たちの演奏を聴くことができます。出演者も発表されたようですので、どうぞチェックしてみてください。

コンクールは終わりましたが、わたくし、コンテスタントや審査員のお話、そしてさらには、中国のピアノ、長江の社長さんなどに聴いたお話が、たんまりたまっております。
しばしお時間いただきますが、順次このページで紹介していきますので、気長にお待ちいただけたらと思います。

スタインウェイ調律師さんインタビュー[チャイコフスキーコンクールのピアノ]

続いては、スタインウェイの担当調律師、アラ・バルトゥキアンさんのお話です。

今回スタインウェイのピアノは、1次予選で25人中11人のピアニストから選ばれました。ピアノは、モスクワ音楽院の先生であるアンドレイ・ピサレフさんとKonstantin Feklistovさんが、モスクワ音楽院大ホールに合うものを選定。この後はモスクワ音楽院の常設ピアノになります(チャイコフスキーコンクールの機会に新しいスタインウェイをホールに入れるということは、今までにもありました)。

今回アラさんは、はるばるオーストラリアからチャイコフスキーコンクールの調律のためモスクワにやってきました。アーティストサービス担当のゲリット・グラナーさん曰く、近いヨーロッパから誰か連れてきてもいいところを、わざわざ地球の反対側から丸一日かけて移動しなくてはならないアラさんにきてもらったのは、やはり彼が特別なベテランのコンサート・テクニシャンだからだとのこと。そんな大ベテランにお話を伺いました。
◇◇◇

IMG_5807
Ara Vartoukianさん

この日はポロシャツですが、ファイナルになったらピシッとスーツでキメてました。

—モスクワ音楽院大ホールの音響は、どうでしょうか?

とてもおもしろいです。ピアノにとっては少し難しい会場です。そのうえ、審査員席はとてもステージに近く、響きの効果が入った音は聴こえない、ピアノを聴くのに理想的な位置ではありません。そこで今回のピアノは、審査員がクリーンに聴くことができるように、少しハードな音を目指しました。一方で、聴衆には丸くスムーズに聴こえる音になったと思います。
コンクールのピアノを準備するうえでは、まずチューニング、ヴォイシング、レギュレーションを整え、その上で審査員が座る場所、プログラムを気にかけます。例えば今回も、1次、2次、コンチェルトで少しずつピアノを変えています。

—特定のホールで音を調整していくときは、何を聴いて作業をしているのでしょうか?

ある部分は経験から作業をしていますが…まずはスタンダードな調整をしたあと、ピアノの音を聴き、また“ホールを聴く“といったらいいでしょうかね…ホールを聴いて、それにあわせて調整していきます。単に音楽的な音を目指すだけでなく、音楽家が音楽を創造する機会を与えるようなピアノを用意することも大切にしています。私の仕事は、ピアノ技術者として、ピアニストが最高の音や最高のタッチを生み出すための、すべての機会を届けることだと思っています。

—時々、ピアノ調律師さんの仕事はピアニストの精神面も支えることにあるだろうなと思うときがあります。ケアはどのようにしていますか。

これもまた経験から行なっていることです。経験を重ねていくうち、音楽家がステージに出る前にはどういう状態になるのかがわかってきます。彼らは緊張感を持ち、ステージに出る精神的な準備をして出ていきますが、私はその準備の一部となって、彼らに自信を与えなくてはいけません。ピアニストと話すときは、私たち自身も自分の仕事に自信があるというようでないといけませんし、それによって自信を与えなくてはいけません。

—コンクールの場合、特に今回のようにたくさんの人が弾くと、誰かの要望に合わせることができないかと思いますが、そこはどのように対応していますか?

そうですね、普通のコンサートでは一人のアーティストのためにピアノを準備できますから、その意味で違います。まず、すぐに自信が与えられるピアノ、すぐに楽に音楽を作れると思えるようなピアノにしておく必要があります。少し音量も大きく、明るく輝きがあり、座って弾いてみてすぐに自信が感じられるようなピアノですね。
その後、演奏するピアニストたちの要望を聞いて、その平均的なところに調整し、マジョリティにとって弾きやすいものにしていきます。すべてのピアノに元々の個性がありますから、いくらでも明るくしたり音量を大きくしたりはできませんが。
また、コンクールでは、作業が正確で早くなくてはいけません。2、3時間必要な作業のために、15分か30分しか時間がないときもあります。

—あと、コンクールという場だと、セレクションで選んでもらえないといけませんよね。

ええ、セレクションはとても重要な瞬間です。それもあって、最初の30秒で、楽で心地よいと感じられるピアノをつくらなくてはいけないのです。それは音楽的に最高の結果をもたらさないかもしれませんが、楽器を選ぶときにはそうでないといけません。特に、他にも選択肢があるコンクールのような場合にはね。

—ではやっぱり、コンサートとコンクールではピアノを用意する上で心がけることが少し違うということですか?

それはそうです。それこそが、コンクールの調律が特別な仕事であるといえるゆえんです。経験が必要となります。最初の頃は私も、先輩調律師について仕事のやり方を勉強しました。そして何年も経ってから、何をすべきか、ピアニストを心地よくするためにどうしたらいいのかがわかるようになったのです。

—最初にコンクールの調律の仕事を経験したのはいつでしょうか?

1981年のシドニー国際コンクールでした。当時私はとても若く、そこにいたたくさんの国際的な調律師たちと一緒に仕事をすることで、多くのことを学びました。今は私も、自分が作業している現場を若い調律師に見せて、同じように技術を受け継いでいけたらと思っています。自分が学んだ技術は、必ず次に受け継いでいかなくてはなりません。これは、私にとってとても大事な役割だと思っています。

—優れた調律師には、どんな才能が必要なのでしょうか。

まずはもちろん良い耳です。そしていくらかの音楽的な感性と、器用な手先も必要です。手作業がとても重要な仕事ですからね。書くことが得意な人、読むことが好きな人などがいるのと同じように、ときどき手作業が得意な人がいるでしょう。それぞれの才能だと思いますが、ピアノ調律士には、静かな人柄と、手先の器用さと、良い耳が求められます。

—コンクールでは、メーカーごとの割り振りで調律時間の制限がありますが、もっと時間が欲しいと思いますか?

そうでもありません。その時間でやらないとと思えば、その心の準備をして臨みます。もっと時間が欲しいと思ってしまうと、あれもできるかも、これもできるかもとやっているうち、やらなくてはならないことが逆にやりきれなくなるからです。いずれにしても、コンクール中、この高いレベルのピアニストたちに弾かれ続けることで、ほとんどのピアノは開かれていきます。ピアノは生き物です。実際に働いていることで、どんどん音が生きてくるのです。

—アラさんが目指す理想的な音を言葉で表現するとどんな音ですか?

それは説明が難しいですが…良いピアノは、子猫のように鳴き、ライオンのように吠え、それが簡単に切え替られるピアノです。また、音が均一であることも重要です。
ライオンが吠えるような音のときでも、音がきつかったり耳障りであったりしてはいけません。変貌もスムーズでないといけません。美しいパッセージが徐々にふくらんで、吠えたい時には、一瞬でも吠えることができる。それが理想的なピアノです。美しく柔らかい音が転がっていき、喜びにつながっていくようでないといけません。

—コンクールで成功するための秘訣のようなものはありますか? スタインウェイのピアノを優勝に導こう!みたいな気持ちってあるんですか?

…ないです(笑)。

—それはアーティストサービスのグラナーさんの仕事ですかね?

そうですね、私は最高のピアノを、ピアニストが自分の仕事をできるように提供するだけです(笑)。
IMG_5733
(スタインウェイのピアノの演奏後のバックステージ、グラナーさんはいつも本当に丁寧にピアニストの要望を聞いていました)

—今回新たに中国の長江というピアノが加わりましたが、どう感じていますか?

新しいピアノが出てくるのはいいことだと思います。でも、それはユニークな楽器であるべきだと私は思います。このピアノがもっとユニークなものになってきたらいいなと思いますね。

—つまり、スタインウェイを追いかけたものではなく…?

はい。スタインウェイのピアノのコピーのようで、ユニークさがまだあまり感じられませんね。そこから抜け出した時の音を聞いてみたいです。今回の他のピアノ、ファツィオリ、ヤマハ、カワイはみんなユニークな音を持っています。音の出方など全部違うので、聴いていても楽しいですよね。技術者としては、何かの真似をしているピアノを聴いていてもあまりハッピーではありません。この業界の発展のことを考えても。

—ご自身でもピアノを弾きますか? ピアノが演奏できるほうが調律師として良いと思いますか?

私は若い頃はピアノをたくさん弾いていました。でも技術の仕事をはじめて、趣味で時々弾くくらいになりました。若いころから音楽は私の人生の一部ですので、楽器に関わる仕事を続けています。ピアノが弾けることは絶対に必要なことではないと思います。私の師匠にはピアノがまったく弾けない人もいましたが、優れた歌い手で、音楽的な感性は持っていました。ただ、ピアニストが音への要望を伝えてきたとき、ピアノが弾けたほうが、何を意味しているのか理解することは簡単にはなると思いますね。必要ではないけれど、理解をするのが楽にはなるでしょう。

—調律師をやっていて一番幸せだと感じるのはどんなときですか?

客席に座って、私が調律したピアノによる美しい演奏を聴いているときです。もうそれに限ります。

◇◇◇

コンクールの調律の現場を初めて体験したのは1981年だという大ベテランのアラさん。バックステージで会うと、いっつもにこやかでフレンドリーな感じ、でもなんだか落ち着いていて優しげなおじさまです。調律師には静かな人柄が求められるというのを体現しているような雰囲気。
理想は、「美しく柔らかい音が転がっていき、喜びにつなっげいくピアノ」…!その表現がとても詩的だったのも印象的でした。

鍵盤ひき画像 (150x300)

 

カワイ調律師さんインタビュー[チャイコフスキーコンクールのピアノ]

続いては、カワイのコンサートグランド、Shigeru Kawaiの担当調律師、大久保英質さんのお話です。

Shigeru Kawaiといえば、一時期「自らが満足できるピアノは存在しない」と言ってピアニストの活動をやめていたミハイル・プレトニョフさんが、このピアノに出会って、ピアニストとしての演奏活動に戻ってきたということでも知られていますね。ちょうどこの6月に来日していて、私もモスクワにくる直前にリサイタルを聴きました。
ベートーヴェンの「熱情」は、今回このコンクールでもたくさん弾かれましたが、プレトニョフさんの演奏は当然こうした若いピアニストたちのものとは全く違う、一貫して柔らかい音だけをじわじわと重ねていく音楽。そして後半は、リストの作品から、暗く鬱々とした曲と明るめの曲が交互にプログラミングされている不思議な構成でしたが、柔らかい音だけでアップダウンを繰り返して聴き手に陶酔をもたらす…そして最後のクライマックスへ。
天才であり策士(もちろん超絶いい意味での)。そんなプレトニョフさんの表現したいことに応える楽器が、このShigeru Kawaiということでしょう。
大久保さんは、プレトニョフさんを担当するKAWAIの調律師さんの一人でもあるので、ここぞとばかりにそのお話も聞いてきました。

◇◇◇

P1010056
大久保英質さん

—チャイコフスキーコンクールの調律を担当されるにあたって、特に意識したことはあるのでしょうか?

このコンクールは初めてだったので、モスクワ音楽院大ホールという会場で、ステージでこう聴こえるとホールではこう聴こえているということをつかむのに少し苦労しました。ロシアものが多く演奏されて、しかも演奏者もパワーとテクニックのある方が多いということ、ロシアという国の音楽や空気感を意識した部分もありますが、最終的には、カワイのピアノの良さが出せればということを一番大切にしました。
ピアノを根底から変えることはできないので、その中で最も良い状態に持っていくということです。僕は、人生ほぼ全てカワイのピアノだけを扱ってきているので、カワイのピアノが最高にいい楽器になるようにということだけを考えてピアノに向き合っているというのが正直なところです。

—慣れていないホールに音をあわせていくときは、何を聴いているのでしょうか?

そこは演奏家と一緒かもしれませんが、なるべく常に耳は向こうの客席のほうにあるような感覚で聴いています。

—ああ…前にピアニストの横山幸雄さんに夢を聞いたら「耳が30メートル伸びてほしい」っていってたことがあったんですが(※その記事はこちらから読めます)、それと同じですね。

そう、本当にそれですね。ホールで仕事をしていることでだんだん慣れていくものではありますが、やっぱり何度も経験しているホールと初めてのホールでは勝手が違います。会場に慣れていくにつれて良くなっていくというのが現状ですね。

—今回のコンクールに持ってきたのは、どんなピアノですか?

日本で選定をした1台と、モスクワのホールで何年か使っていたピアノを手入れした1台を、この会場のステージに上げて選定しました。そして最終的に、モスクワのホールで使っていた方のピアノをコンクールに出しました。

—Shigeru Kawaiの魅力はなんでしょうか?

まずは大きな特徴があって、弱音の美しさ。そして、音色の多さ。そこだけは譲れない、いつも大事にしているところです。加えて、マックスの音量には天井がないという十分な音量感も大切にしています。
太い音、細い音、きれいないい音だけでなく、少し変わった音、ザラついた音なんかも出るような、あらゆる音のカラーが表現できるピアノだと思います。

—ところで、プレトニョフさんはShigeru Kawaiのどんなところを気に入っていらっしゃるのでしょうか?

カワイの弱音の美しさのようです。プレトニョフさんが弾くピアノには、普段とはまた別の音作りがあります。楽器自体は同じShigeru Kawaiですが、音作り、タッチは、彼特別の、普通よりさらにやわらかい音を調整します。
プレトニョフさんが言うには、現代のピアノはホールが大きくなるにつれてどんどん音量重視になっていき、大音量は出るけれど、本来の音楽の美しさ、ピアニシモが出しにくいということです。彼のテクニックを持ってしても求めているような弱音を出せる楽器がなくなってしまったから、やめてしまったんですね。自分にはフォルティシモを出す技術はあるからいいけれど、美しい本当の最弱音は、ピアノが助けてくれないと出せない。どんなに気をつけてもパーンと出てしまう楽器の音は、コントロールできない。そんななかで、Shigeru Kawaiでは求める弱音が出せたことで、選んでくださっているようです。
そもそも、音楽のダイナミックレンジは、弱音を下げれば、フォルテではそんな爆音を出さなくても十分に感じられるものですしね。

—今回は中国の長江というピアノが初めて参加しましたが、どう感じていますか?

日本も初めて国際コンクールの舞台に出たときは、クラシック後進国のピアノが弾かれるのかというところからスタートし、ここまでやってきました。しばらくの間、コンクールは固まったメーカーでやってきた中こうして新しい楽器が出てきたことは、脅威でもあり、同時にこれがまたピアノの発展につながるんだろうなと感じています。正直言って、長江を聴いて驚きました。創業してまだ長くないのにあのレベルだというのは…。それを真摯に受け止めて、いい意味で競争をして、楽器を良くしていかないといけないんだなと思っています。

—コンクールで成功する秘訣はなんですか、と聞かれたら、どうお答えになりますか。

難しいですが、メーカーとして結果を残すという意味でいうなら、全ては準備がどれだけできているかだと思います。カワイの魅力が最大限に発揮できる楽器が準備できているか。他のピアノの真似はできませんから、カワイの究極をつきつめたピアノが用意できているかということです。
普段どれだけカワイを気に入って使ってくれているピアニストでも、そのコンクールでのピアノが本当にいい状態でないと、選んでもらえません。逆にピアノが良ければ、今まで全く交流のなかったピアニストでも弾いてくれます。うちは、なぜかそういうケースのほうが多いんですけれど。

—調律師をやっていて良かったと思うのはどういうときでしょうか。

演奏後の笑顔を見るときです。もう、そのためだけにやっているという感じですね…。コンクールの仕事はとにかく苦痛が多いのですが(笑)、唯一の救いは、ピアニストから、ピアノが本当に良いと言ってもらえることです。どんなに辛くても、良かったなと思える瞬間ですね。

◇◇◇
カワイの調律師さんは、コンクール中、アーティストから要望を聞いたりするケアもご自身で細かくやっているので、ピアニストから厚い信頼を寄せられているところをよく見かけます。
大久保さん、これまでにもさまざまな国際コンクールの調律を担当されていますが、6月上旬に行われていた仙台コンクールでもメイン・チューナーを務めていたので、今月は国際コンクールの調律ハシゴというなかなか大変そうな暮らしを送っていました。ちなみに昨年末の浜松コンクールもご担当。
半年余りで3つも大きなコンクール…自分だったらストレス過多で、途中で暴れ出すかもしれない…。大変なお仕事です。

 

kawai_icon.001

ヤマハ調律師さんインタビュー[チャイコフスキーコンクールのピアノ]

今回のチャイコフスキーコンクールでは、前述の通り、5メーカーのピアノが舞台にあがりました。コンクール開始前、各コンテスタントは舞台に置かれたこの5台を試弾し、コンクールでの舞台をともにするパートナーを選びます。

普通、試弾時間は15分くらいというコンクールが多いですが、今回は一人30分ずつ試し弾きの時間が与えられたそうです。
全部のピアノを満遍なく試してみる人、最後まであきらかに迷って行ったり来たりする人、だいたい目星をつけていたのだろうなという感じで1台に決めこみ、そのピアノでほぼ練習時間のように時間を活用する人など、さまざまな様子が見られたようです。本番のステージとピアノで練習できるのはこの時が最初で最後です。

数日間にわたって行われるセレクションでは、初日が大切だとも言われます。というのも、限られた時間の中でピアノを選ばなくてはならないため、みんな事前の情報収集に必死だから。「あのピアノよくなかった」みたいな噂が伝わると、まともに触ってすらもらえないということが起きるのだそうです。

どんなにいい楽器を準備してきても、選んでもらえなければ、そして選んだピアニストに合っていなければ、いい結果は出ない。審査員が持つ印象の影響もある。
ピアノメーカーの戦いは、単に自分たちががんばればそれでいいともいかないので、なかなか大変です。
そんななかでコンクールにメーカーさんがピアノを出す理由については、以前のコンクール特集内の記事でもご紹介しています。

優れた調律師さんたちは、ピアニストばりにちょっと変わった方といいますか…アーティスト的な方が多く、それでいて職人気質なので、淡々とした雰囲気を持ち合わせているという、なかなかお話の掘りがいのある方々です。
そんなわけで、今回も一部のメーカーのメイン・チューナーさんにお話を伺ってみました。同じ質問をしても、みなさん答えることが違っておもしろい。

まずは、ヤマハのコンサートグランドCFXの担当調律師、前田真也さんのお話から。
ヤマハのピアノは、今回1次で25人中9人のコンテスタントが選択しました。前田さん、今回のチャイコフスキーコンクールが、国際コンクールのメイン・チューナーを務める初めての経験だそうです(これまでにも、先輩調律師さんのサブを担当することはあったそうですが。サブ調律師さんのお仕事も、調律の立会いや練習室のピアノの調律などで、すごく大変なんですけどね…)。

◇◇◇

P1010063
前田
真也さん

―国際コンクールでメイン・チューナーとして調律を担当されるのは初めてということですが、どんな意気込みを持って臨まれましたか。実際に担当してみていかがでしたか?

これまで、前回のチャイコフスキーコンクールやショパンコンクール、浜松コンクールなどで、先輩方の仕事を見せてもらってきました。今回は初めての中、その経験からイメージを固めて進めてきました。チャイコフスキーコンクールは、演奏される曲も大きいので、まずは単純にしっかり調律をすることだけでも大変です。

―チャイコフスキーコンクールのレパートリーを意識して目指した調整はありますか?

これまでロシアに滞在する中で持つようになっていたイメージから、とにかく打たれ強い、へこたれない楽器を目指そうと思いました。強い入力に対しても負けない楽器、音が潰れることのない楽器です。それをまず実現させてから、細かいところを調整していこうと思いました。

―今回は1次でたくさんのピアニストがヤマハを選びました。選ばれた秘訣はなんでしょうか?

秘訣…そうですね、まず、弾きやすいようにタッチを丁寧に調整しました。そして、打たれ強さ、さらに、客席に飛ぶような音でありつつ、ピアニスト側にわかりやすいという、バランスのとれたピアノを心がけました。こうした積み重ねでたくさんのピアニストに選んでもらうことができたのかなと思っています。

―モスクワ音楽院の大ホールは、2階には音がよく飛ぶけれど、審査員が座っている1階の前方にはなかなかそういかないようですね。今回はそんな音響の会場でピアノを調整をするにあたって、どんなことを心がけましたか。

僕の印象では、ステージ上で聴く音と1階席で聴く音に、そんなに差はないと感じたので、調整をする時には、こっちで聞くとこうだからということはあまり意識しないで、そこの場所でちゃんと聴こえる音を作れば届くと考えていました。それは、これまで何回かこの会場でのコンサートを経験して感じていたことです。

―ご自分のピアノを選んだ人が弾いているときは、どんな心境でいらしゃるのでしょうか?

今回はとくにきれいな音で弾いてくれる人が多かったので、楽しんで聴いていました。だんだん大きな曲になっていくと、調律が狂わないかと少しそわそわしましたが…。

―あまり緊張されないほうなんですね? 御社の調律師さんでも、いろんなタイプの方がいらっしゃるように思いますが。

そうですね、僕は割と緊張しなくて。でも、やることはやったしという感じがあるからですかね。

―調律師さんの仕事で一番大切なことは何だと思いますか?

ピアノと向き合う時は、その楽器の性能をいかに最大限に引き出せるかが、僕の中の大事なテーマです。今回の楽器も、いかに僕が思う最大限の良い状態にできるか、楽器のいいところを全部出せるようにするかという視点でやっています。そうすると、どんなプログラムが演奏されても許容量が増えていきます。それぞれのピアニストから何でも引き出してもらえる状態にできたらいいなと思っています。

―ピアノを良い状態にしたら、そのあと演奏するのは当然ながらピアニストですよね。そんなピアニストとのコミュニケーションや、要望のケアはどのようにされるのでしょうか?

コミュニケーションができるときには、その都度読みとって、ここだろうというものを出してあげられるように調整します。今回についていえば、部分的な調整くらいで、大きなリクエストは特にありませんでした。わりと自分の思う完成図のままいくことができました。

―今回、チャイコフスキーコンクールのために選んだ1台はどんな楽器なのですか?

(コンサートピアノ推進グループ 田所さん)開発を続け、試作品がたくさんあるなかで、チャイコフスキーコンクールに適したものはどのピアノかを社内で話し合って選定しました。

―今回から、中国の長江という楽器が加わりました。どんな印象を持ちましたか? また、この状況をどう感じていますか?

初めて見る楽器でしたがいい印象ですし、うちのピアノにないものも感じます。
コンクールでは、他の楽器とはっきり比較できるので、技術者としては、自分たちの楽器がどういう位置にあるのかを把握する意味で、とても興味のある現場です。本当は他のメーカーの楽器も触ってみたいし、技術者とも話をしてみたいくらいです。

―コンサートの調律とコンクールの調律は違いますか?

特に違いはないです。まだ経験が浅いからかもしれませんが、根本的なところは特に変わりません。

―それでは、目指している理想のピアノや音のイメージは?

自然で無理のない音が出せるピアノです。小さすぎもせず、無理に大きすぎもせず、できる限り自然な状態が一番いいと思っています。大きな音を出してやろうという感じになっていないというか。楽器自体がリラックスした状態です。そんなピアノからは、一番いい音が出ると思います。

―ヤマハCFXの魅力はどんなところにありますか?

一番は、細かいところまで音がクリアに聴こえるところだと思います。そして、均一性、コントロール性、弾きやすさも特徴です。もちろん、合う人、合わない人はいるかもしれませんが。華やかな音が出しやすく、音色にも魅力があると思います。

―調律師さんを目指されたきっかけは?

父親が調律師でした。ただ、父を継いだとかではなく、大学時代に進路を考えたとき、技術系の仕事はおもしろいし向いていると思って、一番身近だった調律師の仕事に関心を持った形です。もともと父の仕事がどういうものなのかはよく知りませんでしたが、興味を持つようになって現場についていって、なんだ、これならできそうだと思って入ってみたら、実際は意外と大変だったという感じです(笑)。

―コンクールの調律で一番大変なことは何でしょうか?

調律が狂わないようにすることが、まず一番気になるし、苦労するところですね。

―調律の持ち時間も限られている中での作業となりますし…。

そうですね、時間がたくさんあれば良いですが。限られた時間の中でその時の状態をみて、どれだけのことができるかと考えて作業をしています。

―ずっとやっていて良いといわれたら、やっていたい感じ?

…ずっとはやらないです! できることはは無限大ではないので。それこそ、その楽器が一番リラックスした状態になったと思えたら、そこで作業は終わりです。

―コンクールの場合は、楽器自体が良いことに加えて、コンテスタントに選んでもらうことが必須になると思いますが、そのために心がけることはありますか?

そうですね、第一印象は一瞬で決まってしまうので、そこでなんとか引き止められるようなタッチと音が必要になります。出る音があまりにも他のメーカーとかけ離れていると、選択肢から外される可能性も高くなってしまうので、気をつけています。ピアニストから最初に気に入っていただけるようにというのは、普段のコンサートと同じです。

―セレクションは初日が大切だと言いますが、どんな気持ちでしたか?

僕にとっては初めてのコンクールなので、なるようになるだろうという気持ちで臨みました…。今までの調律師のみなさんが積み上げてきてくださったものがあるので、自由にやらせてもらっています。

―では、コンクールで成功を収めるためのポイント、秘訣は何かと聞かれたら…どうお答えになりますか?

ブレずに、自分を曲げずにいるということです。もちろん、柔軟に対応すべきところはそうしますが、まずは自分の感性に従ってやるということだと思います。

―調律師をやっていて良かったと思う瞬間はどんなときですか?

2次でも、例えば最後のキムさんがとてもきれいに弾いてくれて、聴衆もすごく喜んでいましたが、ああいうみんなハッピーになってるんだろうなという瞬間が、やっぱり嬉しいです。

―ご自分が調整した楽器がそこにあって…

そうじゃなくても、みんなハッピーならハッピーなんですけど(笑)、でももちろん、そこに関われていたらいいなという感じですね。

―ホールで音作りをしている間は、何を聴いてるのでしょうか。

ピアノの音…なのですが、自分がやったことに対しての変化がわかるようになってくることで、いろいろな表現ができるようになります。
また、普段ポップスを聴いたり、自分で打楽器を叩いたりしたときの感触が、ピアノの音と結び付くようになってきて。経験を積むにつれて、その辺りの感覚が変わって来ています。何か新しいものを発見したときに、自分で実感している感触と結び付けながら、その感触を逃さないように、経験を積み上げていきたいです。

◇◇◇

前田さんは、ヤマハの若手調律師さんのホープ的な存在なのでしょう。
1980年代後半から国際コンクールの舞台で調律を手がけてきた世代の技術と経験が受け継がれ、前田さんのリラックスした感性が、リラックスした状態のピアノを目指す。そして、ピアニストもリラックスした状態で演奏できるのが一番。
前田さんの手がけたピアノのまわりには、良いリラックスがうずまいて、自由で解放された音楽が生まれる、ということでしょうか!

CFX

 

チャイコフスキーコンクール、ファイナリスト発表&2次予選の様子

チャイコフスキーコンクールピアノ部門、ファイナリストが発表されました。
当初は6名の予定でしたが、最終的には7名がファイナルに進出します。
セミファイナルも、12名の予定が14名に増えた形だったので、ちょうどその半分がファイナルに進むことになりましたね。

Konstantin Yemelyanov RUSSIA
Dmitriy Shishkin RUSSIA
Tianxu An CHINA
Alexey Melnikov RUSSIA
Alexandre Kantorow FRANCE
Mao Fujita JAPAN
Kenneth Broberg USA

終演がおして、そのまま結果発表の予定時刻も同じくらいずれ込む形だったので、この7名という結果はわりとすんなり出たのかもしれません。
そんな中、日本の藤田真央さん、ファイナル進出です。
ピアノ部門で日本人がファイナルに残るのは、2002年の上原彩子さん以来です。さらにその前は、1982年の小山実稚恵さんまでさかのぼるという。

ファイナリストの名前、マツーエフさんが演奏順に読み上げていったのですが、最初藤田さんの名前が呼ばれず、先にブロバーグさんの名前が呼ばれたんですよね。そんな、うそでしょ…あれだけお客さん(と審査員)の反応もいいのにと思っていたら、マツーエフさん、微妙な発音で藤田君の名前を呼ぶもんで、最初、他に似たような名前の人いないよね?今フジタって言ったよね?となってしまい。スッキリ喜びそこねましたね。

当の藤田君もそうだったらしく、がーーーん、ダメだったかもと思っていたら、隣に座っていたブロバーグが、君の名前だよと教えてくれたらしい。
名前が飛ばされて無駄にがっかりさせられたのがだいぶ心臓に悪かったようで、その後ホールから出るまで、なんでとばされたのかなー、やめてほしいよーと、思い出してはわーわー言ってました。
IMG_5753 2

結果発表を見守っていて、やはり名前が聞き取れなかった人たちが、「最後の一人だれだ??」「フジタ?」「そう、マオ・フジタ。あの、ジャパニーズ・キンダーサプライズ…」って言っているのを小耳にはさみまして。Kinder Surprise っていうのは、卵型のチョコのなかからサプライズなおもちゃが出てくる、あれですね。
現地の聴衆の一部にとっては、あのニコニコ顔からあの演奏が出てくることや、名前も知らなかった日本人が、自分たちが押していたロシアのパワフルなピアニストをしのぐ勢いで聴衆を熱狂させてしまっていることに、脅威のようなものを感じているのかもしれません。そんなちょっとだけ皮肉めいたニュアンスを感じとりましたので、その集団にはわたくし日本人として、キリッとした口調で、「サンキュー」と言っておきました。

2日間のリハーサル空き日があって、ファイナルは6月25日からの3日間。それぞれ、2曲の協奏曲を演奏します。しかもいっぺんに続けて2曲。なんの試練だよ、という過酷さです。演奏順はこちらで見られます。

というわけで、ファイナルが始まる前に、今回も2次で印象に残ったことや、日本のファンのみなさんが応援しているでしょう、藤田真央さんの演奏の様子などを振り返ってみます。(全部の演奏のことは取り上げられませんが、本当に次も聴きたい良い演奏ばっかりだった!)

2次予選は、本当におもしろかったです。
コンクールとなると、いつでもどこでも、まるで言わないと呪われるんじゃないかって勢いで、「今回はレベルが高い」ってみんな言いますけど、まあ、今回はレベルが高いですね、本当に。
普段のコンクールでは、うん、みんなよく弾けるしすばらしい、それではこの中で今度コンサートがあるとき、また聴きたいと思える魅力的な人はだれだろうか? チケットを取って聴きに行きたいと思う人は誰だろうか? ということがポイントになってくるわけですが、今回に関しては、ほとんどのステージにその人ならではの魅力があって、また聴きたいと思いました。そもそも、もともとみんながチケット取って聴きに行くようなピアニストばかり出場していたわけですけど。1次でちょっと固い演奏をしていた人も、2次ではよく集中していたように思います。
日本でやるの、「チャイコフスキーコンクール入賞者ガラ・コンサート」もいいけど、どこかのホール2日間借りて「ピアノ部門セミファイナル再現コンサート」をやったらいいんじゃないかって思ったんですが、どうでしょうか。だめか。

さて、2次の課題ですが、演奏時間は50〜60分。ロシアの作曲家(バラキレフ、グラズノフ、メトネル、ムソルグスキー、ミャスコフスキー、プロコフィエフ、ラフマニノフ、スクリャービン、シチェドリン、ショスタコーヴィチ、ストラヴィンスキー、チャイコフスキー)の作品を1曲以上含めば、あとの選曲は自由です。そうなると、バッハから現代曲まで幅広く入れる人、ヘビーなロシアものばかり集めて攻める人など、タイプによってかなりプログラムの雰囲気が変わってきます。

トップ奏者となったのは、ロシアのコンスタンチン・イエメリャノフさん。
112_big_1561205635_3206_resize
彼が奏でるラフマニノフの「コレッリの主題による変奏曲」を聴きながら、ロシアという国には、こういう重くてバネのある音を、軽々、的確に打ち鳴らすピアニストがゴロゴロいるんだよなと、改めて思わずにいられませんでした。他に、チャイコフスキーの交響曲のピアノ編曲版やバーバーを演奏し、ファイナル進出です。ピアノはヤマハ

112_big_1561205637_4545_resize
シシキンさんは、ショパンのマズルカとスケルツォから始めるプログラム。あれだけのずっしりした音の持ち主ですから、重いロシアものばかり並べてもおかしくないのに、こういう繊細なレパートリーから入るというところにピアニストとしての意気込みを感じます。切なげなメロディに込める感情も、たっぷりだけれどどこか冷静なところがあって、独特の魅力がありました。ピアノはスタインウェイ。ファイナルに進出です。

中国のAn Tianxuさんは、変奏曲責めでした。ラフマニノフの「ショパンの主題による変奏曲」と、ブラームスの「パガニーニの主題による変奏曲」がメイン。おもしろいね。
ピアノのセレクトは、長江でした。1次の時は少し叩いているように聞こえた音が、うまくしっとり響いて、さらに低音が重く。椅子からお腹に振動が伝わってきて、なんてパワーのあるピアノなんだと驚きました。
現在カーティス音楽院でマンチェ・リュウ先生に師事とあったので、小林愛実さんと同門ということです。ファイナル進出が決まって、「とにかく幸運だっただけ、しっかり準備します」と、真面目そうに話してくれました。笑顔をリクエストしたら、想定を超える満面スマイル。すごくいい人そうです。こう見えて二十歳です。
IMG_5763

112_big_1561205642_459_resize
浜コン組、ガジェヴさんは、1次よりずっとオープンな演奏に聴こえて、私はとても楽しみました。ファイナル進出がならず残念です。リスト、スクリャービン、プロコフィエフというプログラムの構成も、いろいろな面が見られてよかった。ピアノは迷った挙句スタインウェイを選んだわけでしたが、これだけ振れ幅の広いプログラムを2次で用意していたということで、正しいセレクトだったんだろうなと思います。ものすごく多彩な音が引き出されていました。

同じ浜コン組、メリニコフさん。リストのロ短調ソナタからスタートです。この選曲を見ると、浜松コンクールのときに審査員の方々が口を揃えて語っていた「君たちロ短調ソナタ選ぶってことがどういうことかわかってんだろうな」的発言が思い出されるわけですが(つまり、優れたピアニストならだれでも自分の強い解釈をもっているマスターピースだから、相当な自信がなければ持ってくるべきでない、ふわっとした状態で弾くとオレたちイライラしちゃうよ、ということ。※意訳)、ここのコンテスタントは百戦錬磨メンバーが揃っていますから、安心して聴けますね。
私的に、天国風シーンで息を大きく吸いたくなるリストのロ短調ソナタはいいロ短調ソナタ、だと思っているのですが、この日は吸っちゃいましたね。メリニコフさんは、絶対にピアノを叩いたりしない。この広いホールであの小さな音を鳴らすことができる勇気もさすが。プロコフィエフでも、スタインウェイのピアノで淡々と狂気じみた音を一発ずつキメていくさまがクールでした。ファイナル進出です。

IMG_5731
浜松のときより髪型がおしゃれになっていたので、ナイスなヘアスタイルだねといったら、普通にサンキューといわれました。言われ慣れてる感じで。

コパチェフスキーさんも、シューマンの謝肉祭から、メトネル、スクリャービンの「焔に向かって」、そしてペールギュントという、ちょっとどういう感覚だとコンクールでこういう選曲になるのかなっていうおもしろいプログラムでしたね。パワーのある音がゴツゴツ鳴らされていく。こういうロシアの人たちって、ポップなフレーズ弾いていてもほんと体動かさないですよね…体の軸が地面に埋まってるんじゃないかっていう。
ヤマハCFXから、楽器が持ちうる限りのいろんな種類の音が鳴らされていて、ピアノ自身も、ほら、こんな音も持ってるんだぜ、聴いてくれよ!という気持ちになったんじゃないかと思いました。

IMG_5736
そして私、コパチェフスキーさんに対して、演奏の感じからもっとイケイケな雰囲気の方を想像していたんですが、写真を撮らせてといったらかしこまったポーズでしばし硬直してくれるという、思いのほか素朴な方でした。ファイナルでも聴きたかった。

カントロフさんは、1次の時に薄目で確認した「火の鳥」がどんな演奏になるのか、始まるまえから楽しみでした。実際、あの激しい曲で、カワイのピアノからあらゆる音を引き出していました。ヘビーな音もそうなのですが、逆に絞りきった柔らかい音は、このピアノからその音が出ることをしっかり発見して、ギリギリを攻めて行く感じ。
「火の鳥」でモーレツに盛り上げたあと、わざわざフォーレを持ってくるところにフランス人の誇りを感じます。ピアノの状態が心配になる勢いの曲順ですけどね。フォーレがちょっとアンコールみたいになって、リサイタルを聴いている気分になりました。
IMG_5761
彼の先生は、前回のチャイコン4位入賞で話題になったルカ・ドゥバルグと同じ、レナ・シェレシェフスカヤ先生なんですって。先生の生徒さん、みんなすごく個性的ね…個性伸ばすタイプの先生なんでしょうね。

118_big_1561297792_7000_resize
続くタラセーヴィチ・ニコラーエフさん(ニコラーエワのお孫さんです)もまた、あれだけの音を鳴らしても体がびくりとも動かないタイプ。ロシアンピアニズムってすごい。でも前にメールインタビューしたとき、自分は、そんなものはないっていう意見だっていう答えがかえってきたんです。
これは同じロシアのピアニストでも意見がわかれるところですが、こういう、ロシアンピアニズム的な血筋を引いている本流の人がそういうと、いろいろ考えずにはいられませんね。ちなみにそのインタビューはこちら
ファイナルには進めませんでしたが、もう日本のマネジメントもあるので、また日本で聴けることでしょう。

118_big_1561297796_3404_resize
ブロバーグさんは、たくさんお客さんが出ていってしまった藤田さんの後という演奏順でしたが、残った聴衆は、しっかり盛り上がっていました。メトネルの世界がかっちりした音でくっきりと描き出されて、とても気持ちのいい演奏。ピアノはスタインウェイ。ファイナルに進出です。

そして、最後に藤田真央さんの演奏の様子について。
開演前、ホールは補助席まで使われる超満員になっていました。土曜日の午後だからかな、くらいに思っていたら、藤田君の演奏が終わるとたくさん人が出て行ってしまったので、彼らはマオ目当てだったんだということがわかりました。ちなみに演奏後、ロシアの国営新聞の記者さんが、わざわざあなたを聴きに来たんだと言って藤田君に取材をしていました。ロシアの音楽ファンの間でどんな認識になってるのかなと思い、彼女に声をかけると「私たちはこれまで彼のことなんて全然知らなかったから、みんな驚いている」「He is the man of this competition」と言っていました。今回のコンクールの行方を揺るがした重要人物ってところでしょうか。そりゃキンダーサプライズ呼ばわりされますね。

118_big_1561297794_7291_resize
で、そんな藤田君の演奏。ピアノはスタインウェイです。
最初、今日は少し音量抑え気味みたいだな…大丈夫かなと一瞬思ったのですが、いわばその「中以下」の音量で奏でられていく音楽に、聴く方の耳がどんどん吸い寄せられていくという現象が起きていました。もやがかかったような音で始められたスクリャービン、繊細に弾き進められるショパン。
進んでいくうちに、どんどん客席の方が静かになっていくわけです。普段はシャシャシャシャおしゃべりしている人があっちこっちにいるんですが、少なくとも私の周りからはそういう人が消えました。こんなにおとなしいモスクワの聴衆初めてだと思いましたよ。藤田君がやりたいことがしっかり聴衆に伝わったからでしょうね。それをちゃんと聞いてやろうと、聴衆の姿勢も変わったのだと思います。
3楽章の、あの間を長くとった部分も、ものすごく効いてましたよね(聴いた方はどこのことを言っているかわかるはず)。よくやったなぁと、その勇気に感服しながら聞いていました。そうしたらあとでご本人も、「パレチニ先生(ショパンの祖国ポーランドの審査員)がいるのにやっちゃったー」と、バタバタしながら楽しそうに話していました。大丈夫、パレチニ先生は懐が深い男だよ(たぶん)。
プロコフィエフも、音楽が自由自在に伸縮するような、なめらかで楽しい演奏。生き生きとした音楽がパーンと閉じられると、客席では周りの人たちが、キミ日本人よね、よかったじゃないのこんな子がいて的な目で顔を覗き込んでくるんです。もうこうなったらと思って、ドヤ顔でうなずき返しておきました。

ご本人、最初緊張して、スクリャービン、記憶に残らない演奏になっちゃうと思った、と言ってましたが、音量のインパクトに頼らない演奏に聴衆の耳がどんどん吸い寄せられて、結果的に全てが成功していたと思います。

ファイナリスト7人、全く個性のバラバラな男たちが揃いました。オーケストラとの共演で、どんな演奏を聴かせてくれるでしょうかね。あー楽しみ。

チャイコフスキーコンクール、2次進出者と1次予選の様子

3日間にわたる一次予選が終わり、二次進出者が発表されました。25名から選ばれた14名が、50~60分のリサイタルを演奏する次のステージに進みます。
二次進出者はこちら。

Tianxu An CHINA
Kenneth Broberg USA
Sara Daneshpour USA
Mao Fujita JAPAN
Alexander Gadjiev ITALY
Anna Geniushene RUSSIA
Andrei Gugnin RUSSIA
Alexandre Kantorow FRANCE
Dohyun Kim REPUBLIC OF KOREA
Philipp Kopachevsky RUSSIA
Alexey Melnikov RUSSIA
Dmitriy Shishkin RUSSIA
Arsenij Tarasevich-Nikolayev RUSSIA
Konstantin Yemelyanov RUSSIA

この後は日をあけず、すぐに翌6月21日から2次予選のステージが始まります。
というわけでその前に、一次の様子を振り返ってみましよう。

今更ながら一次の課題曲をおさらいすると、バッハの平均律からいずれかのプレリュードとフーガ、古典派のソナタ(ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、クレメンティ)から一曲、チャイコフスキーの作品一曲以上、技巧的なエチュードとして、ショパン、リスト、ラフマニノフから1曲ずつ、という内容。
やたら曲がかぶるなと思った方も多いと思いますが、それは指定が結構細かいからなのでしょうね(だからって熱情とかマゼッパとか、かぶりすぎだなと思いましたが)。それで、みんながいかにもコンクールな感じの細切れプログラムを弾いているわけです。

それではここから、日本でもおなじみと思われる面々や気になったピアニストを中心に、少しずつ、演奏やそこらへんで見かけたときの様子をご紹介します。

まず、2015年のショパンコンクール第5位のイーケ・トニー・ヤンくん。私が最後に会ったのは、2017年のクライバーンコンクールでのこと。トニーくん、今回の結果は残念でしたが、またあのときから少し大人になった演奏を聴かせてくれました。
94_big_1560941139_5196_resize

ベートーヴェンでは、最初から、優しさ100%という感じの音で初めていたのが印象的。ショパンなど、安定した美しさでした。また日本に来てくれるといいな。

そして、同じショパンコンクールで第6位だった、シシキンさん。相変わらず音が華やかで、輪郭のくっきりした演奏を聴かせてくれました。ショパンしばりでないプログラムのほうが、個人的には好きかな。2次進出です。
94_big_1560941143_3522_resize

ググニンさんの演奏も、私はとてもおもしろかったです。大胆な歌い回しで、静寂を聴かせようとするベートーヴェン。ショパンとかも、チャイコフスキーコンクールなんだしこのくらいやっていいんだろうなっていう(?)、抑揚たっぷりの演奏でした。選んでいたピアノはスタインウェイ。プロフィール写真見るたびに、ヒゲがおしゃれだなって思います。
100_big_1561030941_5813_resize

こちらは、2015年浜松コンクール優勝のガジェヴさん。2次進出です。演奏した翌日、音楽院の前で藤田真央さんとおしゃべりしているところを見かけて声をかけたという。
D9gMC_wWsAAsciC

浜コンのときはカワイのピアノを弾いていましたが、彼は今回スタインウェイのピアノを選びましたね。カジェヴ曰く、ここのホールの音響はとても難しくて、ピアノ選びも本当に悩んだとのこと。「セレクションに5時間欲しかったよ。…ってそれは言い過ぎかもしれないけど、少なくとも2時間は欲しかったね」ですって。ボケをボケでつっこむ高度なわざ。
ステージでは少し緊張気味なのかなと思ったりしましたが、作品の造りがピシッと伝わる演奏でした。バッハを弾くのが楽しかったそう。

100_big_1561030942_8331_resize
そして、同じく2015年浜コン入賞者組のメリニコフさん。私は実は、浜松で聴いた、彼のあの独特の、美しい、どこか素敵にくぐもったところのある音が忘れられないのです。今回も、普通のパワフルなロシア人ピアニストとはちょっと違う、あの独特の音色を聴かせてくれました。彼も浜松ではカワイを選んでいましたが、今回はスタインウェイでした。
演奏後にバックステージに見に行ったらものすごい人気ぶりで、びっくりしました。某関係者さん曰く、ドレンスキー門下の地元の人気ピアニストという扱いだから取材が次々入って大変みたいだよ、ですって。二次進出です。

コパチェフスキーさんは、8年前のチャイコフスキーコンクールのときにネットで聴いて、こんなおもしろい演奏するんだから変わった人なんだろうなと思い、印象に残っているピアニスト。私はあの回は途中からモスクワに取材に来たので、生で聞くことはできませんで。
100_big_1561030943_6560_resize

でもたまたまその後トリフォノフ君とコパチェフスキーさんの話になったとき、どんな人なの?やっぱり変わってるの?と聞いたら、「えー、いい子だよ、超普通の子だよ」と言われたんですよね。で、えっ、そうなんだと一瞬驚いたんですが、でもすぐに、まあトリフォノフから見たら誰だって普通だろうなと思い直したのでした。
話はそれましたが、コパチェフスキーさん、ラフマニノフの音とか、やっぱりこの音って、こういうロシアの人じゃないと出せないんだろうなと思ってしまうタイプのすごい音でした。二次進出。また聴けてうれしい。

カントロフさんは、あのヴァイオリニストのジャン=ジャック・カントロフさんの息子さんだということです。で、演奏がものすごく個性的。さらに、拍手をされても全然立ち上がらないという様子も、おもしろかったですね。いい加減とりあえず立っとけよ、って心の中でつっこみながら見ていたのは、私だけではないはず。

100_big_1561030945_5232_resize
序盤、リストの超絶技巧練習曲で、シゲルカワイのまろんとした低音を轟々と混ぜ合わせていて。その音に、体の中からゾワゾワ~っとくるものを感じ、この子きっと変な子だ(いい意味で)…って思いましたね。なんか内臓掴まれるみたいな感触の音なんですよ。音のヴァリエーションも一番多く感じたのですが、聴いていてどこか怖いみたいな感情を覚えました。こわいけど次も聴いてみたい。そう思って、薄目で次のプログラムを確認する感じ。そうしたら二次に通過したので、びっくりしました。
彼は唯一シゲルカワイを選んだコンテスタントですが、「たった30分で選ばなくてはいけないから大変だったけど、直感でこれがいいと選んだ。とてもノーブルなピアノだと思う」と話していました。

100_big_1561030946_205_resize
カザフスタンのBeisembayevさんは(この方はどうしても名前の読み方がよくわからない…)、ぱっと見おじさんみたいですが、まだ21歳。藤田君と前後しての演奏だったので、このふたりが1才違いってなんなの、と、一部の人の間で話題になっていました。
とても品格のある抑揚で、紳士のピアノという感じ。私的に好感度が高かったので、次で聴くことができないのは残念です。ピアノはファツィオリを選んでいましたが、オープニング・ガラで同じピアノを弾いたトリフォノフともまた全然違う、少し渋めの音を鳴らしていました。ピアニストの個性が色々な形で出てくるピアノなんですね。

 

クライバーン2位のケニス・ブロバーグさん。二次進出です。

D9gcbATXsAAPM89
ドゥムカ熱演だったし、プログラムの最後に持ってきているし、何か思い入れあるのかなと思って聞いてみたら、いや、ロシアのチャイコフスキーコンクールだし、弾いたらいいかなと思って弾いたんだけどね、テヘ、的なノリでした。演奏を聞いて、勝手に特別な作品なんじゃないかと妄想しちゃった。ピアノはスタインウェイです。

それにしても。私がはっきり記憶している限りでも、ドゥムカのフライング拍手、このとき少なくとも3回目だったんですよ。モスクワのお客さんたち、なんで学習しないのかな、そもそもこの曲知らないのかなって思いますよね。
でもむしろ逆に、知らなければこれだけの頻度で終わったと思っちゃうようにエンディングを書いたチャイコフスキーは、やはり、チャイコフスキーだったんだなとも思います(説明になってない)。
とにかくもう演奏前に、日本のオーケストラ演奏会でよくある「演奏の余韻を楽しむため、拍手は指揮者が手を下ろしてから…」のノリで、ドゥムカは最後終わったと思っても終わってませんので、拍手はピアニストが立ち上がってから…ってアナウンスした方がいいんじゃないかって思いましたね。

そして、ゲルギエフのお気に入りで、優勝候補の一人と目されていた、マロフェーエフさん17才。

106_big_1561132922_7944_resize
彼の演奏が始まる前の客席は、ぎっしり満員、補助席まで使われていました。モスクワでもすでに大変注目された存在なのでしょうね。その演奏は、爆演という言葉がぴったり。ヤマハを選んでいましたが、その豊かな音を目一杯鳴らし、弾きやすさを最大限に生かして、ガンガンいっていました。
弾けて弾けて弾けまくって17歳だとこういう演奏になるんだろうなぁという感じの熱情やマゼッパ。しかしだからといって、ゲルギエフさんのお気に入りが1次で落とされてしまうことはないだろうと思っていたので…ある意味でびっくりしましたね。コンクールとはわからないものです。逆に、審査は普通に行われているということを意味しているのかもしれません…。

106_big_1561132927_3324_resize
そしてダネシュプールさん、最年長での挑戦です。チャイコフスキー=プレトニョフの「眠れる森の美女」など、繊細で優しく生き生きとした表現が絶品。で、客席がものすごく盛り上がりました。関係ないけど、遠目にみたら、サラ・ジェシカ・パーカーみたいだった。

106_big_1561132902_3520_resize
続けて演奏したのが、アンナ・ゲニューシュネさんです。ルーカス・ゲニューシャス君の奥様。今回、女性は全25人中たった二人だったのですが、揃って2次に進出です。品のある、でもパワフルで美しい音にどんどん引き込まれてしまいました。ピアノはスタインウェイ
それにしても、女性陣二人とも、黒の袖ありロングドレスで、大人の女という雰囲気。演奏も優しさと強さを兼ね備えていて、今回のチャイコフスキーコンクールで求められていたのはこういうタイプだったんだろうなということが、衣装からも垣間見られた、かも。

そして最後に、2日目最終日に登場した藤田真央さんの演奏の様子をご紹介しましょう。
これ、本当におもしろかったんですけど。藤田君、2日目の夜10時ごろの演奏順だったんですね。聴衆もちょっと疲れていて、最初藤田くんが登場したときは、拍手の雰囲気が「ふーん、次は日本人の若い子ね」っていう、特別な興味はありませんという気配全開の感じだったんですよ。今回のモスクワの聴衆は、地元ロシア人にあからさまにあたたかいということもありまして。
でも、その時私は心の中でこう言っていましたよ。「あのねぇ、この子は普通の日本人じゃないんだよ。聴いたら、あれってなりますよ」、と。

そしてバッハの最初のフレーズが始まると、ふっと客席の空気が変わるわけです。あれ?この日本人、随分楽しそうにバッハを弾いているぞ?なんだ?という。
そして続くモーツァルトで、完全に虜にしましたね。この日はロシアのいかつい男子たちが次々ベートーヴェンのソナタを弾いていたこともあって、ある意味、ここで1日の疲れが払拭されるような清涼感が流れたということも、効果として大きかったと思います。モーツァルトの後は延々拍手が鳴り止みませんでした。
その後も、1曲ごとにどんどん聴衆が引き込まれていくのが、客席にいて肌で感じられるのです。最後のリストを弾き終えたときには、審査員席も含めて拍手の嵐でした。

100_big_1561030947_7124_resize
直、あれほどコンクールの演奏で会場の空気が変わっていくというのは、いまだかつて体験したことがありませんでした。本当に特別な演奏だったと思います。そもそも、プログラムの縛りが厳しく、小品をバラバラ繋ぐようなプログラムだったわけで、それでこんなに引き込めるのはすごいこと。そのうえ、派手な作品でなく、最初のバッハとモーツァルトで持っていくっていうのも驚きです。わたくし、日本人だからなんでも応援するというタイプではないんですが(非国民的発言ですみません)、ここ1年ほどの藤田さんの演奏はちょっとすごいなと思っていたこともあり、今回のお客さんのリアクションをとても嬉しく思いました。…そもそも、にこりともしないロシア男子が多いこのコンクールで、ふわふわー、にこにこーっとした感じで出てきた藤田さんは、異質で魅力的だとお客さんも本能的に感じとったのかもしれません。

そして、無事に二次予選進出。まあ、もしものことがあったら、聴衆が黙っていなかったでしょうね…というくらい、客席が魅了されていました。
結果発表後の藤田さん、嬉しそうな表情。なぜかメンデルスゾーン前で記念撮影。
D9iXR0IXoAAvFbP

1次のステージで完全に聴衆を味方につけたので、次もきっといい雰囲気の中で演奏できることでしょう。こういうの、本当に大事なんですよね。ヴァン・クライバーンコンクールで優勝したときのホロデンコを思い出します。
次のプログラムを聴けることが楽しみです。

中国のメーカーを弾いたピアニストに話を聞いてみた

コンクールは社会の縮図だと、以前あるピアニストが話していましたが、自分がコンクールに関心を持っている理由の一つは、これを追うことが社会や芸術について考えるきっかけを与えてくれるからです。
芸術の価値とは何か、時代とともに変化するのが当然なのか、そして芸術性の追求はビジネスと両立できるのか。夢を追う上で大切なことは何か、執念と引き際はどうあるべきなのか…。
そしてコンクールが開催される国の文化や生活習慣、歴史について、さらには政治とのかかわりを知ることができるのも、おもしろいところ。
そういう意味で特に、ロシアという国で開催されるこのチャイコフスキーコンクールには、本筋である記憶に残る音楽との出会いのほかにも、たくさん興味を引かれることがあります。

そのようなわけで、今回の私のコンクールへの関心の一つは、新しく中国のピアノメーカーが初参加したことです。
経済発展や国際社会におけるビジネス分野での成功も目覚ましい中国。そんな中国のピアノメーカーが、ロシアのコンクールに初めて挑む。芸術の世界の話とはいえ、ロシアと中国の経済面での複雑な関係性、中国の大企業の資金力の影響など、考えずにいられません。そして、そんな中で日本のピアノメーカーは、この状況をどう見ているのか。

最初中国のメーカーがピアノを出すと聞いたときは、えっ、大丈夫なの?みたいなことを考えてしまったわけですが、実際、楽器を聴いてみたこともないのにそんな風に思うのは失礼だったと反省しています。そもそも、今やこうして世界のピアニストから愛されているヤマハやカワイだって、1985年に初めてショパンコンクールのステージに乗ったときには、誰が弾くの?というスタンスで見られていたのかもしれません。メーカーの人たちの努力があってようやくステージに乗せることが実現し、そこから少しずつ評価を高めていって、今がある。何にでも始まりはあるわけです。

さて、その中国のピアノ。これはパーソンズ というメーカーの、長江(Yangtze River)という楽器です。

IMG_5697
ロゴマークが漢字なんですね。日本のメーカーは、そこは欧文と万国共通のマークというスタイルに合わせてきたわけですが、さすが中国、大胆さというか、自国文化への当然の誇りが感じられます。

今回、25人の参加者のうち、2人がこの長江を選びました。どちらも中国のピアニストで、初日に登場しました。思ったより普通にいいというか、そんなにクセもないピアノで、ただ弾き手によって全然違って聴こえるなという印象(まあ、それはどのピアノでも同じですが)。うわさによるとスタインウェイを追い求めている系のピアノだということなので、なるほど。この辺りのことは、近いうちにパーソンズ の方に聞いて見たいと思います。

さて、演奏を聴いたわたくし、好奇心が抑えきれず、長江を弾いたYuchong Wuさんに、お話を聞いてみました。


D9We4kQWkAEv1Om
(中国で生まれ育ち、ジュリアードで勉強しているWuさん。ちょっと日本の言葉を知っているみたいなのでびっくりしたのですが、2013年の仙台コンクールに出ていたようですね)

◇◇◇
—チャイコフスキーコンクールの舞台で演奏してみて、どうでした?

とても緊張しました。そうならないようにしたかったけど。あの強烈な空気を感じたら…こればかりはコントロールできませんね。今日の自分の演奏を評価するとなると、いいところも問題点もありましたが、今はそのことは考えないようにしてます…なるようになるって思うようにして。聴衆が楽しんでくれていたらいいです。

—今回は中国の長江を選んで演奏されましたね。私は今回初めて音を聴きましたが、クオリティに驚きました。この楽器を選んだ理由は?

中国のピアノが国際コンクールに参加するのは初めてのことですよね。そんななかで、自分の祖国のブランドのピアノを演奏できることは誇りだと思ったからです。ほんのちょっとしか弾いたことがないので、選ぶのはチャレンジでしたが。でも、このピアノは中国で作られたグランドピアノとしては最高の楽器だと思います。今回は、そのクオリティと価値を世界に紹介するとても良い機会だと思いました。

—ピアノのどんなところが気に入りましたか?

とてもいいピアノですよ。ただ、これはピアノではなくて僕自身のせいかもしれないけど、本番まで違うピアノで練習していたこともあって、ステージで最初にピアノに触った瞬間、音が変だって思ってしまったんです。でも、ホールや音響、もしくは僕のせいかもしれない。

—日本のメーカーは1985年に国際コンクールにピアノを出してからここまで少しずつ上を目指してきたわけですが、いまこうしてこのクオリティの中国のピアノが突然でてきてどこか恐れているようなところもあるでしょうし、ショックも受けているんじゃないかと思うんですよ。

ショックは、僕もですよ。最初に楽器を触ったときはショックをうけました。国際的な市場、音楽界のことを考えても、中国のピアノは大きく前進したと思いました。中国人にとって素晴らしいことです。

—以前このピアノを触ったのは、中国で?

はい、中国でほんの少しだけ。だから本当にチャレンジングな選択だったんですよ。

—勇気がありますね…すごい。

そうですね…特にホールで演奏したときにどうなるかはわかりませんから。とりえあず終わってよかった。少しリラックスしたいです。

◇◇◇

というわけで、なんと、この全世界に配信される舞台で長江を弾くことで、世界に中国のピアノのレベルを紹介したいというのが主な動機のようでした。25人に入るのも難しいなか、やっと出場の切符をつかんだこの大舞台で弾いたことのない楽器を選んだのですから、すごい使命感です。しかもセレクションを見ていた方の情報によると、Wuさんはほとんど、このピアノを弾くぞという雰囲気でセレクションに臨んでいたみたいです。
ちなみにWuさん、お話を終えると、僕に話を聞きにきてくれて本当にありがとう、気をつけてね、と言って去って行きました。いい子!

日本のピアノメーカーが国際コンクールに参入して35年。コンクールを舞台にしたメーカー同士の競争と技術革新はもちろん今も続いていますが、一旦それが少し落ち着いた戦いというか…あっちが勝つこともあれば、こっちが勝つこともある、という雰囲気が少し強くなっていたのが、ここからまた、新しい勝負の時代が始まるような予感がします。いい楽器が生まれ、調律の技術がどんどんあがることに純粋につながるといいですけれどね。

この後少しずつ、各ピアノのお話についてご紹介していくつもりですので、お楽しみにー。