ピアノの惑星について


 

 ピアノとはなんと魅惑的な存在なのか。
 人が操るひとつの“道具”ではある。
 しかしすばらしいピアニストが触れたとき、
 ふと気がつけば、心はその魅力に完全に支配されている、という。
 「ピアノの惑星ジャーナル」は、
 そんな魅惑のピアノにまつわるさまざまな話題を提供する、おだやかなウェブサイトです。
 独断と偏見で“今アツい!”と思われるアーティストや企画の情報、
 また、演奏会へのワクワク感を盛り上げる情報も発信します。
 毎日どっかしらでなにかしらが起こっている、ピアノの小宇宙を目指します。

 クラシック♪インド部ブログ
 管理人がなんとなく思いついたことを綴る雑記帳。

 惑星の本棚
 音楽にまつわる、気になった本を紹介。

 惑星のCD棚
 気になるCDを紹介。

 惑星の気まぐれ写真館
 なんとなく撮った写真や、これまで撮ってきて出しどころがなかった写真を、思いつくままにアップしてゆきます。

 不定期連載 ピアノ教室に通ってみた
 40歳をすぎてピアノ教室に通うと、本当にうまくなれるのかの、リアルなお話。

 カレーなるクラシック
 気になるカレーについての雑感。お味をクラシック音楽に例えてみるとか、みないとか。

 現場から特別レポート
 コンクールなど、ここぞというときには現場に行って何か書きます。

◇管理人◇
高坂はる香(音楽ライター、編集者)
インドの大道芸人のスラム研究→月刊ショパンの人→現在フリーライター、編集者。
クラシックのピアノを中心にさまざまなネタについて文章を書いています。
ピアノや西洋クラシック音楽とインドというすばらしい文化が刺激しあって
何かが生まれる瞬間を妄想しています。


最近の投稿

マルク=アンドレ・アムランさんのお話


先日のピリスさんに続き、考えさせられたインタビュー。
ヤマハ ピアニストラウンジ、マルク=アンドレ・アムランさんの記事がアップされました。

IMG_DEF867DD20E4-1

ピリスさんとアムランさん、二人に共通しているのは、いかに生きるか、ということにまつわる質問になってくると、じーっと言葉を選んで、丁寧に答えてくれること。インタビュー時間30分しかないっていうのに、無言でじぃっと向き合う時間が流れることもしばしば。

たまたま見かけた海外のサイトのインタビューで、アムランさんが、知られざる作品と超絶技巧作品の演奏で鳴らしていた若き日、
「ハロルド・ショーンバーグにスーパー・ヴィルトゥオーゾと評価され、最初はそれをみてすごく興奮し、自分のプロフィールに引用したこともあった。でも今や疫病のようにこの言葉を避けている」
…と話しているのを見まして。

そんな時代を経ての、今回のお話。
アムランさんは時間をかけて、「アーティストとしての自分の文化的な責任の認識」を確かにしていったんでしょうね。最終目的は、世界をより良いものにするということ。そのために自分に何ができるか。自分は何のために生かされているのか。
その答えはきっとこの後も変わっていくのかもしれない。ああ!

ところで、作曲家として、「将来自分の作品を弾く人が私生活を研究するかもしれないことについてどう思うか?」という質問への回答は、予想どおりでおもしろかったです。だいたいみんな、いやだっていう。

それにしてもこのところは、アムランっていうと、若アムランくんのほう(2015年ショパンコンクール2位のシャルル=リシャールくんのほう)を思い浮かべる人が多いみたいですね。

おじさんのアムランさんのほうは、今回が12年ぶりの来日でしたし、時代の流れでしょうかね。インタビューをしたのは、東響とのブラームスの協奏曲のリハーサルの日だったのですが、事務局の方が「オーケストラの若い団員はアムランさんのことをあまり知らなかったみたいですが、リハーサルをやって、こんなすごいピアニストが!!ってびっくりしてましたよー」とのこと。
そうでしょう、そうでしょう。

あと去年ヴァン・クライバーンコンクール中にはじめてお話ししたときに思ったんですけど、アムランさん、いい声なんですよね。見た目のイメージに似合った、あったかいお声の持ち主なのでした。

  1. 「kotoba」夏号、インドの音楽学校事情 コメントをどうぞ
  2. ピリスさんにインタビューをして思ったこと コメントをどうぞ
  3. クライバーンコンクール入賞者たちが日本に来ます コメントをどうぞ
  4. 中村紘子さんの演奏(N響 ザ・レジェンドを聴きながら) コメントをどうぞ
  5. 「kotoba」春号でインドの連載がスタート コメントをどうぞ
  6. 「女性ピアニストのイメージ」と中村紘子さん コメントをどうぞ
  7. チョ君のすべらない話 コメントをどうぞ
  8. 中村紘子さんと調律師さん コメントをどうぞ
  9. 「キンノヒマワリ ピアニスト中村紘子の記憶」発売 コメントをどうぞ